menu

留学生の方へ

学校生活

留学生インタビュー

技術ゼロから3年で大手ゲーム会社へ就職!

在校生:3DCG専攻 さん

内定するまでの経緯を教えてください

中国にいた時に「トランスフォーマー」という映画を観て、3DCGというもののクオリティの高さにびっくりしたのがきっかけです。 私は、中国にいた時はIT系の企業に勤めていたのですが、自分にしっくりくる職業ではないことに、少し悩んでいる時でもありました。そんな時、その映画に出会い、一度きりの人生、自分の力を試してみよう!どうせなら世界のトップレベルの作品を作りたい!と、この学校に入学しました。 日本に来た理由は、日本のゲームCG、中でも「スクウェア・エニックス」の「ヴィジュアル・ワークス」というCGムービーを専門に作る部門が一番クオリティが高い作品を作っていると感じたからです。だから、TECH.C.へ入学してからは、ただひたすらこの会社に入ることを目標にして頑張ってきました。

TECH.C.の学校生活で、何か役立ったことはありますか?

まず、学校に紹介してもらった「ウサビッチ」などを手がける「有限会社カナバングラフィックス」へインターンシップに行けたことです。ここでは実際の仕事の流れや、すぐに使える技術などを学ぶことができ、面接の際にもそれをアピールすることができました。また、先生方が技術だけでなく、会社にあわせたポートフォリオの作り方や自己分析の仕方なども指導してくださったことも、とても役に立ちました。

これから学ぶ後輩たちに、メッセージをお願いします

CG業界に進みたいのであれば、デッサンなど基礎の力を身につけることと、3DCG作品もただのモデリングだけではなく、ひとつの作品として昇華させることが重要です。 そして、自分のもっているセンスをどう磨くかも重要です。私は写真を撮ることが好きなのですが、そこで光の入り方や構図などを学んでいたことも企業様からは高く評価されました。 どんな職業を目指すにしても、共通して言えることは「努力」をすること。 もし、みなさんが昔からの夢を持っているのであれば、目標をきちんと立てて、諦めずにそれを目指すことが大切です。迷っている暇があったら、その時間をその夢に必要な技術を磨くことに当ててください。私は作品作りをしていると、朝日を拝むなんてことはしょっちゅうした。それくらい真剣に取り組んでみれば、夢はきっと叶うと思いますよ!

東京ゲームショウから始まった挑戦!

在校生:ゲームプログラマー専攻 バンダマルさん

子供のころから日本のアニメやゲームが好きで、「いつか日本に行ってみたい」と思っていました。高校卒業後、進路について色々悩みましたが、子供の時の夢を実現するため、日本に留学することを決めました。
TECH.C.に決めた理由のひとつとして、東京ゲームショウに自作ゲームを出展できるという点があります。東京ゲームショウ2011では、日本人や他国の人とチームを組んでiPadで遊べるパズルゲームを制作しました。全く知らない言語と開発環境でプロジェクトを進めるのはとても大変でしたが、頑張って完成することができた自分たちが誇らしいです。特にゲームショウで色々な人に遊んでもらって、「これが面白い」とか「良いゲームだ」といった反応が来た時が、とても嬉しかったです。 将来の夢として、自分のゲーム会社を作りたいと思っています。そのため、まず日本のゲーム会社に就職し、ゲームプログラマーとして経験を積みたいと考えています。

日本のビジネススタイルを中国の企業に伝え、日本と中国の橋渡し役になりたい

卒業生:ITビジネス翻訳・通訳専攻 さん

翻訳・通訳を勉強しようと思ったのは、中国の大学卒業後、今後どんな仕事するにしても語学力が必要と実感したからです。その際、幼い時からずっと日本の伝統文化に憧れていたので、日本に留学することを決めました。 2年コースなので、1年目は翻訳・通訳者が必要な総合日本語能力と日本の文化を中心に学び、2年目は自分のプレゼンテーション能力や文章力、日中翻訳・通訳テクニックなど実務的な部分を強化しています。 卒業後の目標としては、中国での仕事の経験にプラスとして、TECH.C.で学ぶITビジネス翻訳・通訳の知識を活かし、日本のビジネススタイルを中国の企業に伝え、日本と中国の橋渡し役になりたいと思っています。

独学でロボットのプログラミングを勉強、ロボットに興味があったので入学を決めました

卒業生:未来ロボット さん

日本へ留学をした目的は、ロボットの勉強をするためです。父親には大学に行けと言われたけど、台湾では大学に行けなかったんです。 その時にロボットに興味があったので、日本で勉強できる学校をインターネットで探し、TECH.C.を見つけて、留学を決めました。台湾では、独学でロボットのプログラミングを勉強をしていたので、本格的に勉強を始めたのはTECH.C.に入学してからになります。 ロボットの授業で楽しいのは、製図や組込制御の授業。TECH.C.は最新の設備が整っているし、実際にロボットに関する実技の授業はやっぱり面白いです。TECH.C.のいちばんの魅力は、他の学校の先生と違って、留学生に対して優しくて、関心を持ってくれるところ。 悩んでることがあったら気軽に相談も乗ってくれるし、ちゃんと親身になって考えてくれますよ。

日本と中国の懸け橋となるクリエイターに!

卒業生:Webクリエイター専攻 さん

自分が日本で就職できるか、最初は自信がありませんでした。先生に背中を押してもらい、面接ではとにかく笑顔で自己アピール。その結果、社長さんより「ぜひ一緒に働きたい!」と言ってもらうことができました。日本で働きたい留学生の方は、日本語能力試験のN1を取得しておくことが大事ですね。日本と中国のかけ橋となるクリエイターを目指して頑張ります。

page top

ゲーム・IT・Web・ロボット・アニメ・照明デザイン...
業界の最先端で活躍するクリエイターを目指す!

滋慶学園COMグループ 東京デザインテクノロジーセンター専門学校 滋慶学園COMグループ 東京デザインテクノロジーセンター専門学校

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-11-10

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Youtube
  • Instagram
  • 資料請求資料請求
  • お仕事体験お仕事体験
  • マイスクールマイスクール
  • 無料送迎バス無料送迎バス
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Youtube
  • Instagram
close