menu

学校紹介

産学協同教育システム

業界特別ゼミ・特別講義

業界特別講義事例

TECH.Cでは、業界よりプロの方々を招き、特別講義を行っています。

エピック・ゲームズ・ジャパン

3DCG ゲームハンズオンセミナー開催!

国内の大手ゲーム会社の人気シリーズ作品開発に多く採用されているゲームエンジン「Unreal Engine4(UE4)」を開発した今井様にお越しいただき、ハンズオンセミナー(体験学習)を開催しました。ゲームのレベル(フィールド)の作り方など教えていただき、参加した高校生・在校生はプロの技術や考え方に触れ、目標を新たにしていました。

コミュニティ・マネージャーの今井翔太氏

株式会社スクウェア・エニックス

ゲームゲーム業界を目指す方へ

(株)スクウェア・エニックスサウンド部プログラマーの土田様から、ご自身のゲーム業界での体験談や業界で求められる能力とその能力の身に付け方についてお話いただきました。何事も受け身ではだめ!プロに必要なのは「能力」、その能力を身につけるには、とにかく「量」をこなすこと、そのための「テンション」の維持が鍵を握る!などなど学生はとても刺激をうけていたようです!

Google

IT WebYouTubeで
ポートフォリオを作ろう

世界で何十億人ものユーザーが利用するYouTube。閲覧側でなく投稿する側のメリットを説明していただき、新たな可能性を発見。作品をYouTube上で展開して人気を集めたクリエイターの話では、学生が何かを得ようと特に興味を示していました。

日本マイクロソフト株式会社

ゲーム ロボット IT WebMicrosoftが考える
ITのこれまで、そして未来

「Kinect V2」の実機を使ってのデモンストレーションやMicrosoft社が作成し、YouTube上で公開している「Productivity Future Vision」「HoloLens」などの映像を使い、今後のコンピューティングがどのように進化するのかなどお話いただきました。

株式会社セガ

ゲームゲーム業界で
生きていくために

株式会社セガ第二研究開発本部のゲームプランナーである都竹氏が来校。具体的な仕事や年間スケジュール、入社方法や役職による仕事の違いなど、ゲーム業界の内情について幅広くお話いただきました。

AppBank株式会社

ゲーム IT WebYouTuberとしても有名なマックスむらい氏来校!

今後のスマホ関連のゲーム業界のことや上京後のエピソードなどを交えながら、参加者へ「目の前にある仕事をとにかく一生懸命する大切さ」をアドバイスしていただきました。

普段はYouTubeを通して見ているマックスむらい氏の話はどれも興味深いものばかり。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン

ゲーム ITゲーム業界を目指すこれからの人のために

「とにかく一度、ゲームを1本完成させること。あらゆる作業場面での『判断』にかかわることが自分の経験値を増やすことになる」など、数々のアドバイスをいただきました。

代表の大前広樹氏

株式会社comcept(コンセプト)

ゲームゲーム業界の展望を考える

株式会社comceptのCEO/コンセプターの稲船敬二氏はカプコン入社後、バイオハザード2やロストプラネットなどミリオンセラーを連発した大物ゲームクリエイター。

CEO/コンセプターの稲船敬二氏

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ

3DCG アニメ映像業界で働くこと

アニメ「亜人」などを手がける株式会社ポリゴン・ピクチュアズの兼松様にお越しいただき、3DCGアニメーションセミナーを開催。業界の現状から求められる資質等についてお話いただきました。

ガンホー・オンライン・エンターテインメント株式会社

ゲームガンホーの舞台ウラ教えます

「パズル&ドラゴンズ」で有名なガンホー・オンライン・エンターテインメント株式会社の橋本様に来校いただき、会社の成り立ちから、パズドラの開発のこだわりなどについてお話いただきました。

株式会社白組

3DCG アニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』

大ヒット映画『STAND BY ME ドラえもん』の八木監督、花房アートディレクターによる特別講義では、世界中誰もが知っているキャラクターのCG制作秘話を伺いました。

監督の八木竜一氏(左)
アートディレクターの花房真氏(右)

CompTIAアカデミックミーティング

IT Web資格(スキル)・就職・職場のリアル

IT系の学生を対象に、IT企業の現場で働く5名におこしいただき「資格(スキル)・就職・職場」についてパネルディスカッションやテーマ毎に分かれてのQ&Aを通して、学生中にやるべき事を学びました。

日本サードパーティ株式会社

IT ロボットNAOロボットセミナー

本校にも導入したNAOロボットをもとにロボットの未来や技術的特異点(シンギュラリティ)まで幅広く講演いただきました。

Hydraulx Visual Effects

3DCG アニメハリウッドVFXの最前線

ハリウッドの現場で働く現役VFXアーティストでもある渡辺潤氏をお招きし、ハリウッド映画のVFX制作における現場の生の声、長編アニメーション「ベイマックス」の制作中に体感したアニメーション・スタジオならではの楽しさ等を、お話いただきました。

日の出製作所

ロボットものづくりの現場を体感!

ストラップロボットで有名な日の出製作所に伺い、講演と実習で活きた力を身につけました。

ピクサー・アニメーション・スタジオ

テーマ「夢は諦めなければ、必ず叶う」

ピクサーで働いている日本人は2名だけですが、そのうちの1名でいらっしゃる堤先生の特別講義が海外研修先にて行われました。 もともと絵の才能があったわけではないと、ご自分の学生時代の絵も見せて頂きながら、どうやって絵の勉強をして今ピクサーで働いているかまでをお話し頂きました。 堤先生はもともと高校野球男児で、高校時代まで絵を描くことは好きではあったものの、それを仕事にしようとは思っていなかったそう。しかし高校を卒業後に絵をもっと勉強したいと強く思い、毎日とにかく絵を描き続けたとのこと。現在までにも、トイストーリーにはすでに5年間携わっており、映画の作り方から、学生時代にすべきことまで、幅広くお話し頂きました。 質疑応答では学生から積極的な質問が相次ぎ、特別講義の終わりには、「好きなことをひたすらがむしゃらに頑張り続けることで道は必ず開かれる」という力強いエールの言葉を学生は胸に刻み込んだようです。

株式会社ぴえろ

テーマ「アニメ業界が求める人材」

「BLEACH」や「NARUTO」などのアニメを制作する株式会社ぴえろの鈴木様にご来校頂きました。 当日は3つの内容①アニメ業界の仕事を一から知る②テレビアニメ化へのプロセス③今時のアニメ業界の事情について、お話しいただきました。 特にアニメ業界が今求めている人材として「即戦力(企画が出せる、絵が書ける、声が出せる)・協調力(人と仲良くなれる、コミュニケーションがとれる)・機動力(何事も足を運び、動ける)があり、なおかつ現場の実力主義であるアニメ業界では最もやる気が重要である」というくだりは、聴講していた学生の心に響いたようです。 また鈴木様は「失敗する事はあっても、今はまだ入り口です。焦らずに目標と意思を持ち続け、自分をどんどん世にアピールしてください」と熱く、アニメ業界を目指す若者たちへメッセージを送って下さいました。

©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ピエロ

©劇場版NARUTO制作委員会 2012

株式会社セガ

テーマ「将来プランナーを目指す方へ~ゲーム業界セミナー」

「初音ミクProjectDIVAArcade」や「ボーダーブレイクエアバースト」を開発している、株式会社セガ第二研究開発本部のゲームプランナーの方による、ゲーム業界セミナーが開催されました。当日は「アヴァロンの鍵」や「VirtuaTennis4」のディレクションを担当されている金澤様と、「バーチャファイター」「大戦略」などを担当されている都竹様に約90分間講義して頂きました。 お二人は株式会社セガを通してゲーム会社の多種多様な業務内容の紹介はもちろん、プランナーの具体的な仕事の年間スケジュールを分かりやすく四字熟語で例えてくださったり、実際の入社方法や役職による仕事の違いなどざっくばらんにゲーム業界の内実をお話し下さいました。 また学生の質問にも快く応じて下さり、最後に「コミュニケーションをしながら、自分以外の人のことも好きになって、みんなの『のりしろ』になることが、ゲーム業界ひいては社会で働くときに大切なことです」と学生にチームワークの大切さを語って頂きました。

三三株式会社

テーマ「ITベンチャー企業とは」

これから就職活動を行うIT系の学生を対象に、名刺管理クラウドサービス「LinkKnowledge」や「Eight」の企画・開発・販売を行っている三三株式会社様にお越し頂き、特別講義が行われました。当日は「ITベンチャーの選び方」「エンジニアリングの仕事内容」「IT企業に就職するために必要なこと」と三部に渡り内容が展開されました。 特に就職のコーナーでは、「人事部は就活生をどう見ているか」「最近の就職活動ではSNSを積極的に利用すべき」など人事部の方の本音を伺うことができ、学生は熱心にメモを取っていました。 また、ベンチャーならではのスピード感を生かし、「ITで世界を変えていきたい」という熱い思いを持った三三株式会社様に感銘を受け、講義終了後にも質問をする学生の姿も見られました。講義によって、これからの就職活動の指針を見つけられた学生も多かったようです。

株式会社イデアクレント篠塚教育顧問

テーマ「デザイナーの心構え」

長野オリンピックのシンボルマークをはじめ、様々なロゴマーク、パッケージデザインを手がけるクリエイター篠塚教育顧問による、特別講義が開催されました。 業界のトップデザイナーの方から直接お話を聴くことができる機会とあり、当日はデザイン系専攻の学生たちが多数集まりました。 篠塚教育顧問にご講義頂いた内容は、以下の3点です。

①デザイナーの仕事内容について
篠塚教育顧問ご自身の作品を例に、デザイン制作の流れとそのやりがいについて、詳しく話して頂きました。
②デザイナーを目指す人の心構え
クライアントを満足させるデザイン作りの重要性について、わかりやすく説明頂きました。
③学校生活でやるべきこと
常に進化し続け、競争が激しいデザイン業界。そんなデザイン業界で通用するレベルの高い技術を身につける為、在学中はなるべく多くの作品制作に取り組むようアドバイスして頂きました。

力強く講義される篠塚教育顧問

page top

ゲーム・IT・Web・ロボット・アニメ・照明デザイン...
業界の最先端で活躍するクリエイターを目指す!

滋慶学園COMグループ 東京デザインテクノロジーセンター専門学校 滋慶学園COMグループ 東京デザインテクノロジーセンター専門学校

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-11-10

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Youtube
  • Instagram
  • 資料請求資料請求
  • お仕事体験お仕事体験
  • マイスクールマイスクール
  • 無料送迎バス無料送迎バス
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Youtube
  • Instagram
close