学びの特徴 講師紹介

業界のプロによる直接指導。
技術や知識、サクセスマインドを学びとろう。

TECH.C.の講師は、さまざまな業界で活躍する、現役のプロのクリエイター。
授業を通じて、業界の「今」を直接うかがうことができます。
※現在、約70名もの講師が指導をしております(2021年4月現在)。

学校長・教育顧問

業界特別ゼミや特別講義等を担当される、TECH.C.の学校長、教育顧問の講師陣をご紹介します。

多田 順次

TECH.C.学校長
多田 順次 氏

実戦経験を活かしたゼミで真に業界から求められる人材の育成を

現在は、「人間の脳と同じようなハードウェアとソフトウェアを融合した新しい情報処理システムを創る」という、20年先の産業を支える研究をしています。時代は常に変化し、技術も進化発展しています。だからエンジニアは常に勉強をしなければなりません。産業界は、基礎がしっかりできていて実践が出来る人を求めています。机上だけでなく、肌で体験し実践が伴わないと、仕事では役に立ちません。
社会で生きていくために必要なのは、元気よく挨拶ができ、言われたことは何でも素早くやること。それはすべて自分の肥やしになります。仕事は何事も基礎が大事です。基礎ができておれば、何に対しても応用が利きます。
従って、常にアンテナを張り巡し、世の中の動きを素早くキャッチし、そのため自分は何をすべきかを問いながら、皆さん達も常に前向きに勉強し、新しいことを吸収し未来を切り拓いてください。
チャレンジあるのみ!

奥山 清行

滋慶学園COMグループ 名誉学校長
奥山 清行

工業デザイナー/
KEN OKUYAMA DESIGN代表

滋慶学園COMグループ名誉学校長1959年山形市生まれ。ゼネラルモーターズ社(米)チーフデザイナー、ポルシェ社(独)シニアデザイナー、ピニンファリーナ社(伊)デザインディレクター、アートセンターカレッジオブデザイン(米)工業デザイン学部長を歴任。フェラーリエンツォ、マセラティ クアトロポルテなどの自動車やドゥカティなどのオートバイ、鉄道、船舶、建築、ロボット、テーマパーク等数多くのデザインを手がける。2007年よりKEN OKUYAMA DESIGN 代表として、山形・東京・ロサンゼルスを拠点に、企業コンサルティングのほか、自身の ブランドで自動車・インテリアプロダクト・眼鏡の開発から販売までを行う。秋田新幹線、北陸新幹線、豪華列車「トランスイート四季島」や、トラクターを始めとするヤンマー製品、ワン・オフカーなど次々に手掛けている。滋慶学園COMグループ名誉学校長、金沢美術工芸大学名誉客員教授、アートセンターカレッジオブデザイン客員教授、 山形大学工学部客員教授。『伝統の逆襲』(祥伝社)、『100年の価値をデザインする』 (PHPビジネス新書)など著書や、講演活動も行う。

湯川 れい子

名誉学校長
湯川 れい子

音楽評論家

音楽評論家・作詞家。早くからエルビス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点によるポップスの評論解説を手掛け、世に国内外の音楽シーンを紹介し続け今に至る。現在も多くの新聞、音楽専門誌、一般誌のレギュラー執筆を持ち、FM横浜「ミュージック・ランブル」などのラジオパーソナリティや、日本レコード大賞審査委員長なども務め、評論家生活45周年、作詞家生活40周年を迎えた。アン・ルイス、藤井フミヤ、中森明菜、徳永英明などの作詞、マライア・キャリー、マイケル・ジャクソンなどの訳詞を手掛け、ヒット曲には「恋に落ちて」「六本木心中」「ランナウェイ」「涙の太陽」などがある。

別所 哲也

名誉学校長
別所 哲也

俳優

90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。99年より国際短篇映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表。近年では「デスノート ザ・ミュージカル」、BS11「報道ライブINsideOUT」のメインキャスターを務められ、数多くの映画・ドラマ・舞台に出演。

石井 幹子

名誉学校長
石井 幹子

照明デザイナー/
株式会社 石井幹子デザイン事務所代表取締役

名誉学校長。照明デザイナー。照明学会名誉会員、日本照明委員会会員、国際照明デザイナー協会特別会員(Fellow)、日本国際照明デザイナーズ協会名誉理事、光文化フォーラム代表などを務める。2000年には紫綬褒章受章。2019年文化功労者、2020年東京都名誉都民顕彰。日本のみならず海外でも活躍し、国内外での受賞歴も多数。

馬場 章

名誉学校長
馬場 章

元東京大学教授/
日本デジタルゲーム学会初代会長

東京大学在職時に「オンラインゲームの教育目的利用研究」が国際的に注目される。日本デジタルゲーム学会初代会長、日本eスポーツ学会初代会長、経済産業省ゲーム戦略会議座長、特許庁技術動向調査委員会(電子ゲーム)委員長、NHK日本賞審査員等歴任。第1回ゲーム学会賞、第1回日本デジタルゲーム学会賞、第10回FOST賞等受賞。

ジェイ・クータラパリル

名誉教育顧問
ジェイ・クータラパリル

WhiteMoon Dreams CEO

WhiteMoon Dreams,Inc/CEO&Tech Artist. ソニー、マイクロソフト、テンセント、インテルなどの企業と高品質ゲームエクスペリエンス構築の為の研究開発、クラウドプラットフォーム開発に従事。

佐東 信司

教育顧問
佐東 信司

国立福島高専名誉教授/
東京理科大学非常勤講師

東京大学で工学博士を取得し、東京大学講師・国立福島工業高等専門学校教授として材料学を熟知したモノづくり教育を行い、2007年にモノづくり教育と研究業績等で国立高等専門学校教員顕彰「文部科学大臣賞」を受賞した。NHK高専ロボットコンテスト顧問として取り組む。

安藤 誉

教育顧問
安藤 誉

メディカルイラストレーター
CG映像エデュケーター

国内外医療/科学研究機関、大学、製薬会社、医療出版社に向け、これまでに200点以上のビジュアル作品を制作するほか、国際的な活躍を念頭においた3DCGデザイナー育成に携わる。東京大学生産技術研究所特任研究員、AMI医学イラストレーター協会(米国)国際会員。

安田 クリスチーナ

教育顧問
安田 クリスチーナ

マイクロソフトコーポレーション(米)
デベロッパー・リレーション
クラウド+AIプログラムマネージャー

マイクロソフトコーポレーション(米)、MyData Global理事、国際NGO InternetBar.org ディレクター Forbes Japan 30 Under 30 受賞(2019), JCI 文部科学大臣奨励賞 受賞(2020)。

新堀 公章

教育顧問
新堀 公章

インテル株式会社
新規事業推進本部
公共・スマートシティ事業推進部 事業開発部長

インテル株式会社にて公共・スマートシティ事業推進部事業開発部長を務める。これまでに、日本アイ・ビー・エムでのエンジニアおよびセールスというワイドな経験を経ている。

ゲーム分野

ゲーム分野の授業、講義を担当する
講師陣をご紹介します。

鈴木一也
担 当 ゲーム企画/ゲームプロジェクト
鈴木 一也KAZUNARI SUZUKI

学生が秘めている可能性を
揺さぶり、引っ張り出す

「女神転生」「真・女神転生」シリーズの企画に参加し、世界設定やシナリオも手掛けました。TECH.C.でのクリエイティブの教育は、高校までの受け身の学びとは正反対で、学生自らが答えを探して見つけ出さなくてはなりません。その手助けをするつもりで、学生の中に眠る可能性を引っ張り出せる言葉を意識しながら教えています。

林谷 和樹
担 当 UNREAL ENGINE 4
林谷 和樹Kazuki hayashitani

学生は将来の仕事仲間だと捉えて
授業をしています

特撮映画の世界からゲーム演出家に転身し、『ストリートファイターⅤ』の背景コンセプトディレクターや『ウルトラマンルーブ』などの画コンテを担当しました。学生は同じ業界の若い仲間だと思って接しているので、職場の新人を教育するような気持ちで授業にあたっています。ちゃんと覚えて、一緒に仕事ができるようになってもらわないと困りますからね(笑)。

原田 リカ
担 当 Photoshop / Illustrator / ゲームキャラクター基礎
原田 リカrika harada

学校での学びと実際の仕事を
結びつけることが大事

普段はイラストレーターとして、広告や漫画雑誌、テレビ番組などに作品を提供しています。授業で大切にしているのは、学生たちに「この学びが実際の仕事につながっていくんだ」と意識してもらえるようにすること。全員が自分の成長を実感できることが目標です。そうして、自分のステップアップを怠らない社会人になってほしいです。

後藤 清治
担 当 ゲームプログラミング応用/ゲームプロジェクト
後藤 清治Kiyoharu Goto

やる気を引き出す工夫を

プランナーやプログラマーとしてさまざまなゲーム開発に携わってきました。その経験を生かして、学生それぞれの個性を見極め、できるだけやる気を引き出せるように日々工夫を重ねています。忘れてはならないのが、最終目標は希望するところへの就職だということ。学生にはそのための目的意識をもってもらうことも大切にしています。

後藤 清治
担 当 ゲーム企画/ポートフォリオ
金澤 尚子Naoko Kanazawa

好奇心を持って何ごとも貪欲に

ロンパーズ、浜松科学館、ナムコワンダーランドのライドなどを手掛け、「ぴよぷー生活」「ぴよぷー玉手箱」などのマンガも出版。心がけていることは、時代に合わせた指導。企業プロジェクトで仕事をすることの大変さや楽しさを、グループワークで仲間と作業することの面白さを学んでください。

後藤 清治
担 当 2Dアニメーション基礎
江崎 稔Minoru Esaki

絵描きの心構えを教えています

「女神転生」シリーズのキャラクターデザインなど、ゲーム作品の制作に携わるほか、漫画家やアニメの原画マンとして活動してきました。学生の皆さんには、技術だけでなく、基本の大切さや絵描きとしての心構え、考え方を教えたいと考えています。当たり前のことを当たり前以上にこなす、「攻め」の気持ちを持ったクリエイターになってもらいたいですね。

esports分野

esports分野の授業、講義を担当する
講師陣をご紹介します。

馬人(岡崎 裕史)
担 当 チームマネジメント(esports)
馬人 (岡崎 裕史)UMANCYU / YUSHI OKAZAKI

成長のために一番大事なのは
チャンスを掴みに行く姿勢

eスポーツキャスターとして活躍しています。R6Sプロリーグ、TGSKONAMIステージ(ボンバーマン、ウイイレ)、eQリーグ、パワチャン(パワプロ、プロスピA)をはじめ、R6S、COD、コンパスなどにも出演しています。学生が何をどう学びたいかを考えながら、時には意見を聞きながら指導に当たっています。自分からチャンスを掴みにいこう!

鎌田 恭平
担 当 イベント企画
AKATUNA

業界基準のプロ意識を
在学中に身につける!

機動戦士ガンダム 第07板倉小隊、星と翼のパラドクス、ソウルリバースなど上場企業の多数ゲームタイトルへの出演・運営サポートから、TGS・幕張メッセ等で開催のeスポーツイベントの制作、その他ゲーム業界の幅広い業務に携わっております。業界基準のプロ意識を持つことが大事!自分の短期目標を作り、学びへのモチベ維持を工夫してみる。一緒にプロ意識を身につけていきましょう。

AI・ロボット・Web・IT分野

IT・情報処理・ロボット・Web分野の授業、講義を担当する講師陣をご紹介します。

杉田 洋一
担 当 機械工作応用
杉田 洋一YOUICHI SUGITA

作る楽しさと
完成する喜びを味わってほしい

「自然の力以外は全て人が作った物、だから同じ物は作れる」がモットー。日本金属学会では技術功労賞、日本鉄鋼協会では技能功績賞の受賞歴があります。教職員が一丸となって学生が社会に巣立っていけるよう努力しているところがTECH.C.の魅力。ものづくりを一緒に楽しみましょう。

大谷 拓也
担 当 Python/機械学習/Unity/開発演習
松尾 高明MATSUO TAKAAKI

先端技術をさまざまな経験から
自分のものにしていく

任天堂の携帯ゲーム機の電子部品設計を担当。自動車メーカーに転職し、自動運転の開発チームでデジカメを制作していました。まずはみなさんにプログラミングやツールに触れてもらい、興味を持ってもらうことを目指しています。そうすれば自ずと勉強も面白くなってきますから。チーム開発や企業様から頂戴した案件で開発する機会などを経験し、自分の適性を見つけていければ良いですね。

平塚 輝
担 当 AIロボティクス/ITプロジェクト/メカトロニクス実践
平塚 輝Akira Hiratsuka

本番に強い技術力を
日々の学びで確立できる!

高専ロボコンに熱中し、学生時代は母校を7年ぶりに全国大会へ。現在は都内の高専のロボコンコーチを務めています。授業で心がけていることは「知らなかったことが分かって嬉しい!」という気持ちを引き出すこと。今までできなかったことができた瞬間のキラキラした目は私の大きな喜び。手をたくさん動かして、知識を自分のものにしましょう!

木村 健
担 当 Webマーケティング
木村 健Takeshi Kimura

授業で教えるだけでなく
学生から教わることも

型にはまった、いわゆる「教育」ではなく、学生が自ら学びたいと思えるような、柔軟な学びの環境をつくることが理想です。授業では、私が教える以上に学生のみなさんから教わることのほうが多いですね。一人ひとりが持っているポテンシャルを最大限発揮できるよう、少しでもお手伝いができればいいなと思っています。

古庄 道明
担 当 ITプロジェクト / ゲームサーバ / システム構築実践
古庄 道明Michiaki Furusho

仕事でどう生かせるか
イメージできる授業

授業ではできるだけ「実際のビジネスで役立つ」「末長くエンジニアとしてやっていける」ような内容を扱い、基礎や理論を実務に当てはめて話すようにしています。そうして、ビジネス感覚のあるエンジニアを育てたい。また、社会人になってからも成長し続けられるように、能力を伸ばすための道しるべを示していきたいと考えています。

菅宮 友莉奈
担 当 ゲーム数学/物理数学
菅宮 友莉奈Yurina Sugamiya

1人では作り出せない未来を!

講義は私が踊ります(笑)。物理の話でバスケごっこをしたり、モンスターの真似をして「ここの角度を計算してみましょう」と実演してみたり、笑って勉強したほうが、眠くないし楽しいかなと思います。私一人では作れない楽しい未来を、学生たちに作ってもらうことが目標です。

武藤 尚
担 当 Webシステム開発
武藤 尚Nao Muto

業界で活躍する力を身につけよう

Webサービス新規開発に携わり、公開1年以内で月間1000万PV達成を経験。実際に自分でものをつくって人に見てもらう楽しさをモチベーションにこの業界で働いています。授業でもなるべく自由に、学生自身で考えてつくって楽しめるよう心がけています。肩の力を抜いて、「なるべく楽しもう!」という心を持って授業を受けて欲しいです。

CG・映像・アニメ・イラスト分野

CG・映像・アニメ・イラスト分野の授業、講義を
担当する講師陣をご紹介します。

松本 隆
担 当 ADデザイン
松本 隆Takashi Matsumoto

クリエイターに必要なのは人への優しさ

課題に一生懸命向き合う姿勢は、出来た作品を見ても一目瞭然です。自分の今できる事を精一杯頑張る!その積み重ねがスキルアップへの近道です。またクリエイターの仕事は人間関係が重要なので、人とのつながりを大切にする優しい人になってほしいですね。優しい人とは自分の考えをしっかりもった強い人!強い人は他人に優しくできるものです。

田原 唯之
担 当 デッサン / デザインベーシック
田原 唯之Tadayuki Tahara

自分と他者に学び
創造力を発揮できる人に

武蔵野美術大学を卒業後、美術作家(アーティスト)として活動しています。社会の中で様々な人と恊働しながら創造力を発揮していくためには、自らが自らに学ぶ「セルフエデュケーション」と、他者と学び合う「インタラクション」が大切になります。探求すること、多くの人と積極的に交わることを実践し、これまでにない新しい世界を創っていってください。

永田 祐也
担 当 映像制作/デザインシンキング
永田 祐也Yuya Nagata

常に積極的な姿勢で
授業に参加してもらいたい

ゲームムービーやCMなどの3GCG映像を多数制作。昨今は大手起業のプロモーション動画などを主に手がけています。TECH.C.で過ごす時間は、技術はもちろん、仲間とのコミュニケーションや業界の新しい情報を得られるのが魅力だと思います。授業では「なぜ映像やCGを学ぶのか」と、それぞれに志を持ってもらえるような雰囲気づくりを大切にしています。

嶋﨑 象
担 当 映像基礎
嶋﨑 象Sho Shimazaki

いろいろなものに触れて感動し
技術だけでなく感性も磨いて

普段は映画やテレビドラマ、MVなどのVFXやモーショングラフィックスの制作を行っています。入学したら、パソコンに向かうばかりでなく、外に出て自然や街を観察してみてください。そして、たくさん感動してほしいです。自分が感動しないと人に感動を与えることはできません。技術も大事ですが、感性を磨くことも同じように重要なのです。

伊藤 達弘
担 当 CGアニメーション/CGプロジェクト
伊藤 達弘TATSUHIRO ITOU

好きなことだから楽しめる、
頑張れる!

手掛けてきた作品は『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』『ベイブレードバースト』『ONE PIECE エピソードオブメリー 〜もうひとりの仲間の物語〜』『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』など多数。授業では、CGのスキルはもちろん、学生同士での共同制作によるコミュケーション力など、さまざまな力を身につけられます。

斉籐 ふみ
担 当 イラストレーション技法
斉籐 ふみFumi Saito

頭でしっかりと考えながら
上達を目指す

マンガ「思い出食堂」を9年連載中。自身が絵を描き始めたのが大人になってからだったので、どの手法が技術を上達させるために一番効率が良いかを知っています。そのため、しっかりと頭で考えられるよう、わかりやすく教えることを心がけています。TECH.C.は自由度の高さと明るい雰囲気が魅力です。「難しい・できない」などと思わず、気楽に授業を受けて欲しいです。

風間 守
担 当 作画動画
風間 守Mamoru Kazama

考える力を育てるために、
教えるのはヒントだけ

テレビアニメの動画と動画検査を担当するなどアニメーターとして活動しています。TECH.C.の授業では、学生に自分で考えて作業をしてもらいたい。だから、1から10まですべてを教えることはせず、必要最低限のポイントやヒントだけを与えるようにしています。そうして自ら試行錯誤することで、知識や技術が身につくはずです。

武政 朋子
担 当 デッサン
武政 朋子Tomoko Takemasa

さまざまな経験をして
考え方を広げてほしい

学生の方々に指導をすることは、お互いに多様な価値観を得られるチャンスであり、私にとって貴重な時間です。学生生活では幅広い可能性に目を向けることが大切。固定観念を壊すべく、ぜひさまざまな場所に足を運んでみてください。そして、自分の考え方が思いがけない方向に変化する体験を大切にしてほしいと思っています。

TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram