仕事図鑑

ゲーム esports

esportsストリーマー

配信でe-sportsの面白さを伝える

esportsストリーマーとは

高いゲームスキルやトークスキルで視聴者を魅了するゲーム配信に特化した配信者

esportsストリーマーとはYouTubeやTwitchのような配信サイトでゲームのライブ配信(ストリーミング配信)を行うことで収入を得ている配信者のことを言います。ライブ配信文化が広まるにつれて、自分のスキルを活かしたライブ配信をする人が増えてきました。そんな配信者の中には高いゲームスキルや話術などで視聴者の人気を集めている人もおり、そういうゲームに特化した人たちをesportsストリーマーやストリーマーと呼んでいます。プロチームに所属するプロゲーマーが配信を行っていたり元プロゲーマーがセカンドキャリアとして配信業をしているケースも多く、国内でも屈指の実力をもったプレイヤーたちが日夜しのぎを削っています。

esportsプロゲーマーとの違いは

ゲームの強さはそこそこでもストリーマーになれる?

「ゲームスキルで収入を得てるんだからesportsストリーマーもプロゲーマーなんじゃないの?」と思われる人もいるかもしれません。実際、ライブ配信を行っているプロゲーマーも多いので、両者の区別は曖昧になりがちです。しかし、プロゲーマーのメインフィールドは大会や競技シーン、ストリーマーのメインフィールドはライブ配信という大きな違いがあります。また、ストリーマーとプロゲーマーは、どこから収益を得ているかによっても区別できます。特定のタイトルを極めるべく日夜研究を続けるプロゲーマーと様々なタイトルをプレイして配信を盛り上げるストリーマーではゲームに対するスタンスも変わります。絶対的な強さを求められるプロゲーマーに対し、ストリーマーは配信の面白さやゲーム攻略法の分かりやすさなど視聴者を楽しませるテクニックが求められます。ゲームの強さをそこそこでも、人としての魅力や企画力で人気を得ることができます。

どんな仕事?

ライブ配信や動画投稿でファンを増やし、広告収入やスポンサー収入、投げ銭などで対価を得る

esportsストリーマーが収入を得る手段はいくつかあります。広告機能やファンから直接お金をいただく「投げ銭」機能は大手プラットフォームであれば標準で用意されているので、収益化の条件さえクリアしてしまえばすぐにでも始めることが可能です。収益化の条件はプラットフォームによって様々で、たとえばYouTubeであれば「登録者1000人以上、12ヵ月間の総再生時間4000時間以上(2021.11月現在)」が条件となっています。その他の大きな収入源としてスポンサー契約やゲーム案件があります。ストリーマーとして人気が出てくるとその人気を利用して自社や自社製品の宣伝をしてほしい企業が現れます。自分の配信に企業ロゴを載せたり、配信で使うデバイスをスポンサーの製品にしたりするほか、宣伝して欲しいゲームを実際にプレイして視聴者へ紹介するのが主な仕事となります。

  • POINT01

    ライブ配信

    YouTubeやTwitchでゲーム配信を行います。視聴者を惹きつけるにはゲームスキルはもちろんトークや面白いリアクション、魅せプレイなどみんなが楽しんでくれるようなコンテンツを提供しなければなりません。よく配信されているゲームジャンルにはFPS・TPS、MOBA、格闘ゲーム、スポーツゲームなどがあり、近年は「Apex Legends」のようなバトルロイヤルゲームが人気を集めています。

  • POINT02

    企画づくり

    面白い配信を続けるためには視聴者を飽きさせない工夫も必要となります。他のストリーマーとのコラボや縛りプレイをして配信のマンネリ化を防ぎましょう。配信ウケするタイトル選びやSNSの活用などセルフプロデュースを意識するのも大事です。

  • POINT03

    練習

    ストリーマーにはゲームの上手さが求められるので、毎日の練習が欠かせません。配信外でエイム練習やマップ確認などの地道な反復練習を続けて腕を磨いているストリーマーは多いです。視聴者を魅せるプレイができるようなゲームスキルを身につけましょう。

  • POINT04

    イベント参加

    esportsストリーマーが増えたこともあり、ストリーマーが集まって大会を開くなんてことも増えてきました。プロゲーマーやユーチューバー、Vtuberなどと一緒に大会を盛り上げます。多くの場合、自分のチャンネルでも配信ができるので知名度を上げる絶好の機会となります。初心者からプロまで幅広い実力をもったプレイヤーが参戦するので強さが均等になるようなチーム分け多いです。競技シーンとは違った面白さがあり、10万人を超えるような視聴者が集まる大人気の大会もあります。

どうすればなれる?

強烈な個性を身につけて、視聴者が楽しめる配信をしよう!

ストリーマーは多くのファンから愛される華やかな職業ですが、実力主義の厳しい世界でもあります。職業として成り立つくらい稼げているストリーマーはほんの一部であるため、趣味や副業として始めて人気がでたら専業にするなど無理なく活動しましょう。ストリーマーの人気の出るきっかけは様々です。圧倒的な実力がある、人気が高まる前からそのゲームをやっていた、SNSでバスった、競技シーンでの活躍で有名、切り抜き動画が伸びたなどがきっかけで人気ストリーマーになった人もいます。こうしたチャンスを確実につかめるようにゲームスキルやトークスキルを鍛えて配信クオリティを上げましょう。ストリーマーの育成をしている専門学校ではゲームスキルや配信映えする実況の方法など普通の学校では学べないノウハウを学ぶことができます。カリキュラムの中には現役プロゲーマーや有名配信者を講師として招く授業もあります。最前線で活躍する人たちとのふれあいはこれからストリーマーを目指す上で大きなメリットとなるでしょう。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    ゲームスキル

    ゲーム専門のストリーマーとして活動するには飛びぬけたゲームスキルが非常に重要です。ゲームタイトルにひかれてやってきた視聴者の心をつかみ、自分のファンに変えてしまうような魅力あるゲームプレイをしましょう。

  • POINT02

    トークスキル

    視聴者を飽きさせない話術や炎上しない言葉選びを身につけましょう。配信中の内容はアーカイブに残ったり、録画されていたりするので取り消せないので注意が必要です。

  • POINT03

    タレント性

    視聴者を自分自身のファンにしてしまうようなタレント性が大切です。常連になるようなファンはそのストリーマーが好きだから見にきている人がほとんどです。

  • POINT04

    動画編集

    ストリーマーはライブ配信がメインですが動画をアップロードすることも多いです。見どころをまとめた切り抜き動画や初心者講座などを作って新規の導線とするなど動画編集技術は活動していく上で役立ちます。

必要な資格・試験情報

esportsストリーマーは実力がすべての世界なので必要となる資格などはありません。ゲームスキルやトークスキルなどを地道に磨き、人を惹きつける配信を常に心がけることが大切です。また、Twitchは英語圏の利用者も多く、世界中の視聴者を対象とするならば、コミュニケーションがスムーズに行える英語力があると、英語圏のファン獲得に有利になるでしょう。多くの人から指示される人気ストリーマーになるには、ゲームの実力だけでなく、視聴者を楽しませる継続的な配信を続けることも重要です。毎日決まった曜日や時間に配信することも固定ファンを増やすコツといえるでしょう。ファンを魅了し楽しませる努力は欠かせません。

esportsストリーマーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram