仕事図鑑

ゲーム ゲーム

ゲームCGデザイナー

CGを駆使してゲームに躍動感や世界観を与える

ゲームCG体験開催中

ゲームCGデザインに興味のある方へおすすめ!ゲーム・映像業界で最も使われている3DCGソフトを使ってみよう!

ゲームCGデザイナーとは

CG技術でリアルなゲーム世界を表現

ゲームCGデザイナーとは、コンピューターを駆使してゲームのCGグラフィックスを制作する仕事です。2次元・3次元のCGやアニメーションのように動きのあるCGなど、専用のソフトを用いて幅広い制作物を手掛けていきます。企業によってはCGクリエイターと呼ばれることもあり、デッサン画を形状データにおこすモデリングや画面配置ライティング質感・テクスチャ設定など、よりリアルかつ理想に近づくための効果を加えていきます。CG技術はゲーム業界だけでなく、映画やアニメーション、建築、車、機械の設計など様々な業界で使用されています。スマートフォンやアプリの起動画面やテレビ番組の特殊効果など、CG技術が使われていない場面を見つけるのが難しいほどです。このように、技術に対するニーズはますます高まっているので、スキルの高いCGデザイナーは様々な業界で引く手あまたとなっています。

どんな仕事?

チームで作業を分担し現実感のあるCGを制作

現実では不可能な表現をCG技術でリアルに創り上げ、ゲームの世界に没入できる環境を用意します。デザインだけを行うのではなく、成果物にCGをつなぎ合わせるための発想力や、ファイル容量や処理性能と言った制約の中で表現する技術力など、CGに関する総合的な知見とスキルが求められます。ゲームCGデザイナーの仕事内容としては、平面のデッサン画を形状データにおこすモデリングを行い、コンピューターの画面上に配置。質感や方向性光の加減を調整しながらリアルな形状を制作します。これらは全て1人で行うのではなく、複数のCGデザイナーが工程ごとに分担し、チームで制作することが一般的です。

  • POINT01

    モデリング

    平面のデッサン画をCG技術によって立体的な形状におこす仕事です。キャラクターやアイテム、建物、背景などゲームに登場するあらゆるものをCGで表現します。デザイナーが描いたイメージを崩さないよう、リアルな形にするためのスキルが必要です。

  • POINT02

    テクスチャリング

    モデリングされたポリゴン画像に、色をシールのように貼り付けて美しい質感を表現します。カラーリングではリアルな表現が難しいため、テクスチャリングという手法が一般的に使われます。

  • POINT03

    ライティング

    テクスチャリングしただけのポリゴン画像は、色や質感がまだのっぺりとした状態です。ゲームの世界で駆け巡るキャラクターや背景が、本当に存在しているかのように見せるためには、「光」という要素が重要になります。光の場所を決めた後に、強さや当て方を調整することで、より現実的な質感が生まれます。

  • POINT04

    レンダリング

    物体の形状や質感、ライティングなどが実際にどのように映るのか、コンピューターに計算させる作業がレンダリングです。レンダリングの後はポストプロダクションという仕上げを行って、リアルな画像を出力していきます。

どうすればなれる?

CGの専門知識とスキルを身につける

ゲームCGデザイナーになるには、CGデザインの知識とスキルを身につけた上で、ゲーム制作会社やゲームメーカーに就職することが一般的です。Maya3dsMaxSoftimageなどのグラフィックツールを用いて制作することになるため、これらを使いこなすための技術は必ず求められます。非常に専門的な分野なので、専門学校やスクールなどで実践的なスキルを学ぶことが最も近道です。CGデザイナーとして就職し現場で経験を積んだ後は、CGプロデューサーCGディレクターといったキャリアが開けます。また、実績を重ねた人材はフリーランスとして活躍するケースもよくあります。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    デッサン力

    CGデザイナーとして活躍するためには、ツールを使いこなせるだけでは物足りません。美しく現実的なゲームの世界観を表現するために、対象物を観察する力やデッサン力が求められます。

  • POINT02

    コミュニケーション能力と集中力

    CGデザインはチームを組み、デザイナーごとに工程を分担するため、製作スタッフと連携しなければいい成果物に仕上げることができません。そのため、チームで仕事に取り組むための協調性やコミュニケーション能力が問われます。また、細かい作業を長期間に渡って行う集中力と根気強さも必要です。

  • POINT03

    発想力

    ゲームでは、現実に存在しないファンタジーの世界を創り上げることもあります。違和感なくリアリティのある世界観にするためにも、その世界でキャラクターやアイテムがどのような状態になるのかをイメージするための発想力が重要になります。日頃から芸術作品に触れて美的センスや感性を養いましょう。

必要な資格・試験情報

ゲームCGデザイナーになるために必ず取らなければならない資格はありませんが、資格を取得することでスキルを証明することができ、就職や転職にも有利に働きます。例えば、CG-ARTS協会が主催するCGクリエイター検定という資格は、CGの基礎知識や制作に関する知識が問われるので必要最低限のスキルの証明につながります。Photoshopクリエイター能力認定試験Illustratorクリエイター能力認定試験は、デザイナー必携ソフトを用いて画像編集やグラフィック制作を行う能力を示せます。公益財団法人色彩検定協会が主催する色彩検定は、色に関する知識や技能を測る試験です。配色や色彩感覚はCGデザインにおいても重要なので、取得して損はないでしょう。また、CG制作に必要不可欠なMayaや3dsMaxなどのツールを使いこなす能力も身につけましょう。

ゲーム業界で就職なら

ゲームCGデザインに興味のある方へおすすめ!ゲーム・映像業界の仕事内容や就職の話を進路相談会や説明会に参加して聞いてみよう!

ゲームCGデザイナーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram