仕事図鑑

ゲーム ゲーム

ゲームプログラマー

プログラミングを駆使して様々な動きを創り出す

ゲームプログラマーとは

プログラミングでゲームを作り上げる

ゲームプログラマーとは、ゲームを意図したとおりに動かすためのプログラミングを行う仕事です。ゲームクリエイターやゲームプランナーが構想した仕様書や設計書に基づいて、主にC系統のプログラミング言語で開発していきます。
ゲームで遊ぶ際はキャラクターを動かしたりサウンドを楽しんだり、ゲームシステムに沿ってプレイしたりしますが、これらはまさにゲームプログラマーが作り上げているものです。クリエイターやプランナー、デザイナーなどゲームに携わる人たちの思いを実現する仕事とも言い換えられ、非常に重要な役割を担っています。
リリース前には意図したとおりにプログラムが動いているかを確認するため、デバッグを行います。バグが見つかったら正しく修正し、純粋な気持ちで楽しめるゲームへと仕上げていきます。このように、ゲームを開発する上でなくてはならない存在であるため、やりがいも大きな仕事です。

どんな仕事?

企画から関わり快適にプレイできるゲームを作る仕事

ゲームプログラマーは仕様書通りにプログラム開発を行うだけでなく、企画段階から深く関わっていきます。というのも、ゲームクリエイターはプログラミングに詳しい人であるとは限らないので、場合によっては実現が難しい企画を提案することがあります。そのような際に、プログラミングのプロとして内容を精査して、企画をより良いものにブラッシュアップしていくのです。
また、ストレスフリーなゲームに仕上げるために、操作性の快適さ実行速度バグなどといった要素を念頭に置きながらプログラミングしていきます。とくに重大なバグがあってはユーザーの信用を失ってしまい、ゲームメーカーにとっても大きな損失となってしまいます。そのため、クオリティの高いゲームを作りたいという思いを強く持ち、堅実に開発していくスキルが求められます。

  • POINT01

    企画ミーティングに参加

    ゲームの企画ミーティングへ参加し、企画内容がプログラミングの観点から実現可能か判断していきます。その際にただ却下してしまうのではなく、メンバーの要求をできる限り実現するための代替案を提示することが求められます。そして、コミュニケーションをとりながらゲームの企画をより良いものに仕上げていきます。

  • POINT02

    仕様の決定

    ゲームの企画が確定したら、仕様を決定してプログラム開発に備えます。

    • ハードの動作環境は何にするか(ゲーム機/スマートフォン/PC)
    • ハードの動作推奨環境はどうするか(ストレージ容量/メモリ容量)
    • ソフトの動作環境は何にするか(OS/ゲームエンジン)
    • ゲームの使用はどうするか(操作方法/メニュー画面機能ほか)
  • POINT03

    プログラム開発

    現在はソーシャルゲームやオンラインゲーム、スマホゲーム、コンシューマーゲームなど多様な種類のゲームがリリースされています。ゲームによって開発言語が異なるため、その環境に即した内容でプログラミングしていきます。そのため、使える言語は多ければ多いほど活躍できる場所が広がります。

  • POINT04

    デバッグ

    プログラミングした内容が意図したように動作するか、テストプレイを通して確認していきます。不具合やバグが見つかった場合は修正し、完成度の高いゲームを作り上げていきます。デバッグの作業はゲームプログラマーではなく、デバッガーと呼ばれるテストチームが行うこともあります。

どうすればなれる?

プログラミングや専門知識を学ぶ

ゲームプログラマーになるには、プログラミング言語やコンピューター全般の知識を深く学ぶ必要があります。大学の情報系学部やゲームプログラマー専門学校では体系的な知識を学べるので、まずはそこで技術を磨いていくとよいでしょう。ゲームプログラマーはどの企業も人手不足であるケースが多いため、募集求人数も多いです。ゲーム制作会社やメーカーに就職した後は、経験を積みながら様々なプログラミング言語を習得し、仕事の幅を広げていきましょう。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    プログラミングスキル

    ゲームプログラマーの必須スキルです。テレビでプレイするゲーム専用機のコンシューマーゲームは、CやC++といったプログラミング言語がよく用いられるので、C系統の言語はマスターしておくべきでしょう。また、Android向けゲームであればJava、iOSアプリ向けのゲームであればObjective-CやSwiftなどの言語がよく用いられます。ゲームプログラマーとしての活躍の幅を広げるためには、就職後も日々勉強を積み重ねていくことが重要です。

  • POINT02

    協調性

    ゲームプログラマーは一人でPCに向かって黙々と作業するイメージが強いですが、実はコミュニケーション能力が問われる仕事です。ゲームプランナーをはじめとする多数のメンバーと意思疎通を図り、クオリティの高いゲームを開発する必要があるためです。また、企画ミーティングではプログラミングのプロとして意見を積極的に発しなければなりません。

  • POINT03

    忍耐力

    ゲームの開発には数か月から数年間の時間を要します。コツコツとプログラミングをしていき、発生したバグや不具合にも根気強く対応していかなければならないため、忍耐力も必要です。

必要な資格・試験情報

ゲームプログラマーになるために必要な資格はありませんが、スキルを示すために有効な資格試験は存在します。プログラマーとしての基礎スキルを有していることを証明できる「基本情報技術者試験」や、C言語やJavaを駆使してプログラミングできるスキルを示せる「C言語プログラミング能力認定試験」「Java™プログラミング能力認定試験」などが代表例でしょう。
また、プログラミング言語は全て英語であり、最新の情報も英語でリリースされるケースが多いため、英語のスキルを伸ばしておけば大きな武器になるはずです。

ゲームプログラマーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram