仕事図鑑

ゲーム ゲーム

ゲームグラフィックデザイナー

プレイヤーをゲームの世界へ惹きこむ

ゲームデザイナー体験開催中

ゲームグラフィックデザイナーやキャラクターデザイナーに興味のある方へおすすめ!ゲームの仕事や業界の話を聞いてみよう!

ゲームグラフィックデザイナーとは

ゲームの世界に命を吹き込む仕事

ゲームグラフィックデザイナーとは、ゲームの登場キャラクターや背景、アイテムなどゲームの世界に登場する全てのグラフィックを作り上げる仕事です。リアルなグラフィックや演出でゲームの世界観を創造し、プレイヤーを魅了する重要な役割を果たします。ゲームグラフィックは「キャラクターモデラ―」「背景モデラ―」「モーションデザイナー」「エフェクトデザイナー」といったように制作が細分化されており、それぞれの分野で強みを活かしながら活躍することになります。分業ではありますが、ゲームの世界観を統一できるようチーム同士でコミュニケーションをとり、最終的なグラフィックへと仕上げていきます。ゲームのクオリティはゲームグラフィックデザイナーの腕にかかっていると言っても過言ではありません。

どんな仕事?

グラフィックによってゲームの世界を表現する

ゲームで使用されるグラフィックは多岐に渡ります。オープニング画面やムービー、プレイ画面などそれぞれの意味や目的に応じて、最適なグラフィックを仕上げていきます。ゲームの画像や映像、特殊効果などのグラフィックに関わる部分を制作していく役割を担っています。ゲームであることを忘れてしまうくらいにプレイヤーがゲームに夢中になり没入する姿は、励みとなり、大きなやりがいを感じられるでしょう。ここからは、ゲームグラフィックデザイナーが制作するグラフィックの代表的なものを紹介していきます。

  • POINT01

    タイトル画面とメニューのグラフィック

    ゲームが始まる前に流れるタイトル画面は、ゲームへの期待感を向上させる上で重要な役割を果たします。ゲームの世界観を表現し、これから何が起こるのだろうというワクワク感を醸成するグラフィックを作成していきます。メニューグラフィックもゲームをプレイする度に目にするもので、プレイヤーの印象に強く残るものです。操作しやすく美しいグラフィックを作成していきます。

  • POINT02

    背景グラフィック

    ゲーム画面の背景のグラフィックを制作します。大自然や建物、SFのように現実世界にはない構造物などを、3Dグラフィックにより演出していきます。遠近表現やオブジェクトといった細部にこだわることで、ゲームに大きな臨場感が生まれます。

  • POINT03

    キャラクターグラフィック

    ゲームに登場するキャラクターのグラフィックを制作します。主要キャラクターからNPCまで、ゲームの世界でイキイキと生きているかのように動きを付けていきます。

  • POINT04

    モーションデザイン

    ゲームのキャラクターやアイテムなどの動作を制作します。2Dグラフィックの場合は、アニメーションのようにキャラクターを動かすことで、なめらかな動作を表現します。

  • POINT05

    エフェクトデザイン

    ゲームキャラクターの使う魔法や風の動き、爆発した時の炎など、モーション(動作)を表現するための一瞬の動きであるエフェクトをデザインします。細かな動作が加わることで、ゲームの動きにリアリティが生まれます。

  • POINT06

    ムービー

    ゲームを盛り上げるムービーもゲームグラフィックデザイナーが制作します。3Dグラフィックにモーションを加えたり、実際の映像データを取り込んだりすることで、まるで映画のような臨場感を表現します。

どうすればなれる?

ゲームグラフィックデザイナーへの道のり

ゲームグラフィックデザイナーは3Dや2DといったCGに関する専門的な知識が求められます。また、ゲームキャラクターや背景をリアルに表現するため、デッサン力も問われます。そのため、まずはデザイン系の専門学校や美術大学でデザインに関する基礎を学び、CG表現のためのスキルを身につけるのが近道です。ゲーム制作会社などプロの現場で使用されるCGソフトの使用方法を学べる学校を選ぶとよいでしょう。数多くの作品を作り、ポートフォリオを作成して、ゲーム制作会社への就職を目指します。ゲームグラフィックデザイナーとしてのキャリアを積めば、グラフィック全般を統括するゲームアートディレクターへのキャリアアップも夢ではありません。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    CG表現のスキル

    ゲームグラフィックデザイナーに欠かせないスキルとして、CG表現があげられます。近年のゲームは3D映像のものがおおいため、立体物を違和感なくリアルに表現する力が求められます。また、VR技術を駆使したゲームも登場しているため、まるで現実世界がゲームになったかのようなリアリティある3D表現の技術を磨く必要があります。

  • POINT02

    コミュニケーション能力

    ゲームプランナーシナリオライター、ゲームデザイナー、ゲームプログラマーなどゲームの制作現場では様々な職種の人と関わることになります。また、ゲームグラフィックデザイナーもチームとして動くことが多く、スムーズに仕事を進めるためのコミュニケーション能力が求められます。

  • POINT03

    忍耐力

    ゲームグラフィックはコツコツと細かい作業を積み上げていくことで、ダイナミックな動きを表現できるようになります。膨大かつ繊細な作業を長期間続けていくための忍耐力が必要です。

  • POINT04

    発想力

    架空の武器や建物、衣装、空間などを立体表現する機会が多いため、柔軟な発想力が求められます。架空の物体でも立体表現にするとどのようになるのか、イメージを膨らませることが重要です。

必要な資格・試験情報

ゲームグラフィックデザイナーになるために必須の資格はありませんが、求められるスキルを客観的に示すことのできる資格を取得することで、就職やキャリアアップに役立ちます。Illustrator®クリエイター能力認定試験Photoshop®クリエイター能力試験CGクリエイター検定などはゲームグラフィックデザイナーに人気の資格で、ツールを使いこなすスキルを身につけるためにも資格取得を目指すとよいでしょう。また、ゲーム業界で使用されるツールは日々進歩していますので、新しいことにチャレンジする姿勢が重要になります。アンテナを高く張り常に新しい情報を習得したり、最新のゲームをプレイしたりすることで、ゲームグラフィックデザイナーとしての視野を広げていきましょう。

ゲーム業界就職なら

ゲーム業界に興味のある方へおすすめ!ゲームグラフィックデザイナーやキャラクターデザイナーの仕事内容など業界の気になることをオンラインで相談してみよう!

ゲームグラフィックデザイナーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram