仕事図鑑

ゲーム ゲーム

ゲームクリエイター

ゲームの開発から制作までプロジェクトを担う

ゲームクリエイター体験開催中

ゲーム制作やプログラミングに興味のある方へおすすめ!ゲームクリエイターの仕事内容や業界の話を聞いてみよう!

ゲームクリエイターとは

ゲーム制作全般の指揮を執り、プロジェクトを成功に導く

ゲームクリエイターとは、ゲーム制作に携わる人々を指す総称ですが、特に企画や開発といったゲーム制作の上流工程に携わる仕事を中心に行います。ゲームそのものの仕様や設定、世界観を構築することが仕事となり、まさにゲームの面白さの根幹を握っていると言っても過言ではないでしょう。 ゲームクリエイターは多くの人の心に響きゲームを企画することも大切ですが、それらをしっかりとプレイに落とし込むために、ゲームプログラマーやゲームデザイナーなど、実際にゲームのシステムを作り上げる人たちにしっかりと意図を伝えていかなければなりません。いくら企画そのものが面白くても、それがシステムやデザインに反映されていなければ、その魅力を正しく伝えることはできないのです。 ゲームクリエイターの指示一つでゲームの面白さが大きく左右されるため、責任のあるポジションではありますが、それに見合うだけのやりがいも併せ持つ、非常に重要な仕事です。

どんな仕事?

マネジメント力が武器になる仕事

ゲームクリエイターはその仕事内容によって、人員や予算を管理する「ゲームプロデューサー」、ゲーム制作の現場指揮を執る「ゲームディレクター」、ゲームの設定や世界観を構築する「ゲームプランナー」に細分化されます。 どの仕事も、基本的にはゲーム制作の上流工程に位置していますので、ゲーム制作の全体像を把握していきながら、ゲームプログラマーやゲームデザイナーなどに的確な指示を出していかなければなりません。 さまざまな役割を持った人が、それぞれの知識やスキルを持ち寄って一つの作品を作り上げていくゲーム制作の現場において、ゲームクリエイターはそれぞれの役割を持った人々の力を最大限に発揮するための「仕組みを作る」ことが主たる役割と言えるでしょう。
  • POINT01

    ゲームプロデューサー

    ゲームプロデューサーの主な仕事は、ゲーム制作のための予算やスケジュール、人員編成などを管理し、ゲーム制作全体の統括することです。規模の大きなプロジェクトになると、数百人規模のスタッフが同時に動くため、彼らを適切に管理し、運営していかなければなりません。また何らかのトラブルが起こった際にも、先頭に立ってその解決のために動きます。社内だけでなく、社外の人々とも積極的にコミュニケーションを取っているポジションとなりますので、コミュニケーション能力や調整力なども問われる仕事です。
  • POINT02

    ゲームディレクター

    ゲームプロデューサーがゲーム開発全体の統括をするのに対し、ゲームディレクターは主に制作現場の統括を行います。映画でいうところの監督の立ち位置であり、ゲームのクオリティやスケジュールを管理する重要なポジションです。また企画段階からゲームに関わり、制作のためのチーム編成を考えるのもゲームディレクターの仕事です。幅広い業務に深く入り込んでいく必要があるため、開発現場全体を見渡す広い視野と、それぞれのスタッフをまとめるマネジメント力が必要になるでしょう。
  • POINT03

    ゲームプランナー

    ゲーム全体の企画や仕様を決めるのがゲームプランナーの仕事です。ゲームそのもののルールやキャラクター設定などはもちろん、シナリオの作成や画面のレイアウトなど、ゲームを作る上で必要な要素のすべてに関わっていきます。面白いゲームを作る企画力は当然のことながら必要とされますが、それが「なぜ面白いのか」「制作する意味があるのか」をプレゼンし開発をスタートさせるためのプレゼン力、頭の中で描いている世界観をゲームプログラマーやゲームデザイナーにしっかりと伝える伝達力などが必要とされます。

どうすればなれる?

ゲームクリエイターの中でも、ゲームディレクターやゲームプロデューサーは仕事内容の幅が広く、また責任を伴う業務が多くなるため、ゲームメーカーやゲーム制作会社でゲームプランナーやプログラマー、デザイナーとしての実務経験を豊富に積んでおく必要があります。こうした職種で実績を積んでいけば、キャリアステップの一つとして、ゲームディレクターゲームプロデューサーとしての道も見えてくるでしょう。 ゲームプランナーの場合は、未経験者であっても採用してくれる企業は少なくありません。しかし同時に、人気の職種でもあるため、就職活動においてはかなりの狭き門となっているのも事実です。ゲーム系の専門学校に行って、入社後すぐに活躍できるようなスキルや知識を身に付けておけば、合格率を引き上げることができます。

必要な資格・試験情報

ゲームクリエイターを目指す際に絶対に必要な資格はありません。ただし、上でも解説したように、ゲームディレクターやゲームプロデューサーを目指す際には同職種での実務経験を問われたりするケースも多く、採用基準を満たすためのハードルは比較的高いと言えます。 ゲームプランナーに関しても、資格等は必要ありませんが、採用試験を通じて企画案を提出したり、これまでの実績やポートフォリオの提出を求められることが多いため、事前にそういった提出用資料をまとめておくようにすると良いでしょう。

ゲーム業界就職なら

ゲーム業界に興味のある方へおすすめ!制作や企画の仕事内容などゲーム業界の気になることをオンラインで相談してみよう!

ゲームクリエイターを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram