仕事図鑑

ゲーム ゲーム

ゲームサウンドプログラマー

音楽の効果でゲームを盛り上げる

ゲームサウンドプログラマーとは

音の力で臨場感あふれる展開を作り出す

今やゲームソフトにおける音の演出は、とても重要でなくてはならない要素の一つです。サウンドプログラマーとは、サウンドクリエーターやサウンドコンポーザーによって作曲・編曲された音楽を、コンピューターを使用してデジタル化にするプログラマーのことをいいます。ゲームのストーリー展開に合わせ、BGMやサウンドエフェクトを効果的に使いゲームの迫力や臨場感を演出し、プレイヤーにその作品の魅力や楽しさを伝えていきます。新たなゲームソフトが次々と登場するゲーム業界において、音でゲームを表現するサウンドプログラマーはなくてはならない重要な役割を担っています。ゲームの世界だけに留まらず、駅の発着音やCM音楽などサウンドプログラマーの活躍の場は広がっています。

どんな仕事?

デジタルサウンドをカタチにするゲームに欠かせない存在

ゲームサウンドクリエーターの作った音楽や効果音をゲームのストーリーやシーンに合わせ、音楽データをコンピュータに打ち込むことが主な仕事です。曲の始まりから停止、音量フィルター、残響や発音位置、音の優先順位、コントローラの操作音まで、さまざまなロジックを駆使してサウンドシステムを構築し、ゲームと連動するように音楽を作り上げます。ユーザーがあたかもゲームの中に入り込んだかのようなゲームの世界観を音で表現していくゲーム開発に欠かせない存在です。ゲーム音楽には種類があり、その役割はさまざまです。ゲームのシーン別に必要な音楽について紹介します。

  • POINT01

    メインテーマ曲の役割

    ゲーム内のさまざまな場面で使われるメインテーマ曲や主題歌は、その作品を象徴する要素の1つです。メインテーマ曲を印象深いものにすることで、ゲームが多くの人の記憶に残りやすくなります。良質な音楽はゲームの宣伝効果としても大きな力を発揮します。

  • POINT02

    サウンドエフェクトの役割

    サウンドエフェクトと呼ばれる効果音は大きく2つに分けられ、火が燃える音や風が吹く音などを「演出性サウンド」、選択ボタンへの決定音など操作性を高める音を「機能性サウンド」といいます。音の効果、残音、強弱のとり方など、音の力で臨場感あふれるゲーム展開を作りだします。

  • POINT03

    BGMの役割

    BGMは、ゲーム内で流れる音楽のことです。バトルシーン、ダンジョン、ボス戦など場面によって、異なるBGMが流れることで、プレイヤーの気分を盛り上げます。BGMの特徴は、ループできて、耳に馴染む楽曲であることが大切です。

どうすればなれる?

サウンド制作にまつわる総合的なスキルを身につける

ゲームサウンドプログラマーになるには、デジタル音楽作りの基礎知識や音楽データをプログラミングする技術が求められます。全てを独学で習得するのは難易度が高いので、まずはC++言語などのプログラミングスキルを身につけられるゲーム系専門学校などでゲーム音楽の総合的な知識を身につけることをおすすめします。また、スキルを身につけた後はゲームメーカーやゲーム開発会社に就職し、サウンドクリエイターとしてのキャリアを歩み始めるのが一般的です。実力が備わったら、サウンドディレクターへのキャリアアップやフリーランスとして活躍する道も開けるでしょう。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    DTMやDAW基礎知識

    DTMやDAWなどデジタル音楽に欠かせない音楽編集ソフトや電子楽器の音源をコンピューターに取り込むことができるMIDIへの理解も求められます。

  • POINT02

    コミュニケーション能力

    ゲーム音楽は一人だけで制作するものではありません。スタッフやクライアントから説明されるゲームの意図をしっかりと理解し、何度も打ち合わせをして方向性をすり合わせていきます。そのためにも、相手の話の意図を汲んで自分なりの提案をするコミュニケーション能力が必要です。

  • POINT03

    忍耐力

    サウンドプログラマーの作業は様々な楽器や音をひとつひとつパート別に拾って、パソコンに入力していくという気の遠くなる作業を行います。かなりの集中力と根気がなくては勤まりません。そのようなハードな作業でも乗り越えられるゲームへの情熱と忍耐力が必要といえます。

必要な資格・試験情報

サウンドプログラマーに特別な資格は必要ありませんが、C言語などのプログラミング技術だけでなく、企業によってはデジタル音楽の知識と技術が求められることもあるので、DTM(Desk Top Music)ソフトの編集知識も知っておいた方がよいでしょう。作曲するわけではないので、ち密なコード理論やスケールなどに関しては詳しくなくても問題ないですが、コンピュータ内の音の制御に関する知識(MIDIや音信号の処理)など、違った観点の知識が必要になってきます。
一般社団法人「音楽電子事業協会」が実施する「MIDI(Musical Instrument Digital Interface)検定」は、電子楽器やコンピュータなどの機種に関わらず、音楽の演奏データを伝達できる統一規格です。サウンドプログラマーとして働く上で取得していると有利といえます。プログラミングスキルを磨くのはもちろんのこと、サウンドに関する幅広いスキルを培うためにも資格取得を目指すとよいでしょう。

ゲームサウンドプログラマーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram