仕事図鑑

ゲーム ゲーム

VRクリエイター

リアル体験でプレイヤーに感動を与える

VRクリエイターとは

3DCG技術で仮想現実世界を創り上げる

VRクリエイターとは、VR(仮想現実)の技術を用いてゲームや教育、医療、建築、旅行業界などの映像を作り出す仕事です。現実には存在しない世界や実現しようとしているもの、二次元では表現しきれないものを立体的に映し出し、疑似体験できる状態にします。VRは専用のゴーグル(HMD/ヘッドマウントディスプレイ)を装着し、360度から見られる3DCGの世界を表現します。リアルな映像だけでなく聴覚や触覚など五感に働きかけることで、今までにない没入感を与えます。VRの開発環境は本格化してから年数が浅いため、経験者もそれほど数多くありません。そのため、参入可能なチャンスの多い職種であると言えます。

どんな仕事?

様々な業界で活躍するVR技術

VRクリエイターはVR映像を制作することになりますが、開発現場では主にゲーム開発エンジンが使われています。比較的広く利用されており初心者でも扱いやすいのが、ゲーム開発プラットフォームのUnityです。動きを実現する際に必要な加速度や重力を表現した3D描画があらかじめ用意されているため、プログラマーが全てプログラミングせずともスピーディに実装することができます。 3DCGデザイナーのスキルを活かしてCG映像を作成したり、エンジニアとしてプログラミングを行ったりします。VRクリエイターはまだ発展途上の職種なので、各企業が試行錯誤して仕事を進めています。VRクリエイターに興味のある方は、未経験であっても今まで学んだ経験や各種専門スキルを活かして活躍できる可能性があります。 今後も様々な場所での活躍の期待が高まるVRについて、主な用途を紹介します。

  • POINT01

    ゲーム

    現在最もVRのニーズが高いのがゲーム領域です。家庭用ゲーム機やゲームセンター、イベント会場などで用いられるゲームなど、まるで自分がゲームの世界で活躍しているような没入体験を与えます。

  • POINT02

    建築

    完成後の家をリアルに再現したり、作業員のトレーニングや安全衛生教育へ活用したりと、人材育成から設計まで活用の幅は多岐に渡ります。また、物件内部をVRで再現することによって内見を効率化できるということから、不動産業界での導入も進んでいます。

  • POINT03

    旅行

    実際に旅先へ行ったかのような雰囲気を体験し、現地に行ってみたいというマインドを高めて旅に出ることを促進します。

  • POINT04

    医療・教育

    手術のシミュレーションや精神疾患患者の体感映像など、医療領域でもVRは注目を集めています。また、宇宙や深海など実際に訪問できない場所をVRで再現することで、従来の教育以上に理解を深める学習効果が期待されています。

  • POINT05

    自動車

    3DデータをVR空間で見ることで、自動車の完成図や各種部品の状態などを確認し、作業効率化や開発に役立てられています。事前に立体映像で確認できることによって、開発初期による修正コストや時間を大幅に削減することが可能になっています。

どうすればなれる?

3DCGやプログラミングのスキルを身につける

VRクリエイターは、プログラミング言語Unityや3DCGスキルが求められます。そのため、専門学校や大学などで立体・空間表現の3DCG技術プログラミングスキルを身につけることが、VRクリエイターになるための第一歩となるでしょう。その後はゲーム制作会社や広告会社、VRコンテンツ制作会社などに就職し、3DCGやプログラミングの現場経験を積んでVRクリエイターを目指します。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    立体造形力

    VRでは3Dで作成した立体造形物を360度から閲覧できる状態にします。そのため、頭の中でイメージしたものをVR上で形にできるよう、日頃から身の回りのものを三次元的なパースでみるようにするなど、立体造形力を磨くことが必要です。

  • POINT02

    デッサン力

    VRで違和感のない没入体験を与えるためには、リアルなCG制作を行わなければなりません。そのため、ものの構造を正しく理解して表現できるよう、観察力やデッサン力を鍛えるようにしましょう。

  • POINT03

    発想力

    ゲーム領域でのVRなどでは、架空の世界があたかも現実に存在するかのように表現することが求められます。リアリティのある作品に仕上げるためにも、架空のものがその世界でどのような状態になるのか、光と影の入り方や風の影響はどうか、といったことをイメージする発想力が求められます。

  • POINT04

    コミュニケーション能力

    VR制作現場は一人で完結するものではなく、プロジェクトメンバーと長期間に渡って仕事を進める必要があります。そのため、チームで一つの仕事に取り組む協調性やコミュニケーション能力が求められます。

必要な資格・試験情報

VRクリエイターが取得しなければならない資格はありませんが、イラストや映像、CGに対する基本的な知見を有していることを証明するために、Illustrator®クリエイター能力認定試験Photoshop®クリエイター能力試験CGクリエイター検定色彩検定などの取得を目指すとよいでしょう。また、VR領域は日々進化し続けているので、最新のヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルの特徴を知り、それらに合わせた開発が行えるよう勉強しておくべきです。今後の市場拡大の可能性を予測し、業界の動向にアンテナを張って技術を磨きましょう。

VRクリエイターを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram