仕事図鑑

ゲーム ゲーム

ゲームプロデューサー

クリエイター全体をまとめ統括する総責任者

ゲームプロデューサーとは

ヒト・モノ・カネを統括する責任者

ゲームプロデューサーとは、開発費の調達や開発スケジュール、メンバー編成などゲーム開発全体を統括するリーダーのことです。どのようなジャンルのゲームをどのようなプラットフォームでリリースするかといった方向性を決め、ゲームのクオリティを担保し、プロモーションを担うことで売上にも責任を持ちます。
場合によっては潤沢な予算が確保できないこともあるので、限られた予算内で面白いゲームを開発するために手腕を発揮します。メンバーの能力を最大限に発揮し、プロジェクトをスムーズに進行するためのマネジメントも仕事の一つです。
このように、幅広い視野と知見、そして責任が求められる仕事なので、開発現場で豊富な経験を積んだ人材がプロデューサーに選ばれることが一般的です。

どんな仕事?

広い視野でプロジェクトをマネジメントする

ゲームプロデューサーは一つの分野に特化した業務を担うのではなく、プロジェクト全体をマネジメントする必要があります。ゲームに関わる全てを多面的な観点から見つめ、より良い作品にするためにメンバーを統括します。
開発予算を確保し、どのようなメンバーを配置するかを決め、スケジュールの進捗状況を管理するなど、業務内容は多岐に渡ります。プロジェクトによっては開発メンバーが数百人規模になるため、それだけの人数をマネジメントする手腕が問われます。
また、ゲーム開発におけるリーダーの立ち位置なので、ゲームの成功や売上の責任を負うことになります。より多くのユーザーに知ってもらい、楽しくゲームをプレイしてもらうためにも、プロモーション戦略の主導権も握ります。

  • POINT01

    開発準備

    ゲームを開発するためには資金が必要です。スポンサーから資金調達したり社内で予算を確保したりするなど、できる限り潤沢な資金獲得のために動きます。また、どのようなゲームにすべきか方向性を決定し、ゲームプランナーなどと企画を練っていきます。

  • POINT02

    プロジェクト管理

    新作ゲームの企画が定まったら、ゲームプログラマーやゲームデザイナー、シナリオライターなど最適なメンバーをプロジェクトにアサインします。メンバー全員が最大限の力を発揮できるよう、チーム作りをしていかなければなりません。また、スケジュール通りにプロジェクトが進行しているかを適宜確認し、何らかのトラブルが発生した場合には適切に対処する必要があります。

  • POINT03

    プロモーション戦略

    どれだけ優れたゲームでも、ユーザーに知ってもらえなければプレイしてもらうことができません。そのため、プロモーション戦略を立てることもゲームプロデューサーの重要な仕事となっています。広告代理店と協力するなどして、より多くのユーザーに認知してもらうための施策を打ちます。

  • POINT04

    効果分析

    リリース後のユーザーの反響や売上を分析し、改善点を見つけ出します。ゲームプロデューサーは売上目標に対する責任も負うため、次回作のためにも的確な分析を行う必要があります。

どうすればなれる?

現場で経験を積んでキャリアアップを目指す

ゲームプロデューサーになるには、ゲーム制作会社やゲームメーカーに就職して経験を積むことから始めます。企画や開発プロモーションまで全ての流れを熟知し、プロジェクト全体を管理する仕事なので、まずはゲームディレクターやデザイナー、プログラマーなど現場のスタッフとして働くことが一般的です。
特別な資格は求められませんが、プログラミングやデザイン、グラフィックといったゲームにまつわる知識は一通り身につけておく必要があります。これらの知識があると、メンバーをアサインする際やスケジュールの進捗管理をする際に、裏付けをもって考えることができます。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    マネジメント力

    ゲームプロデューサーに最も必要な能力はマネジメント力です。チーム全体を見渡し、プロジェクトをスムーズに進行するために的確な対応をとっていかなければなりません。開発メンバーの上司にあたるポジションでもあるので、コミュニケーションを豊富にとって問題を未然に防ぐことも重要です。マルチタスクで仕事をこなしていかなければなりませんが、その分やりがいも大きな仕事です。

  • POINT02

    幅広い知識

    プロジェクト全体を指揮するためには、プログラミングやデザインをはじめとするゲームに関する幅広い知識が必要になります。この知識が薄いと現場が困る指示を出してしまう可能性があり、信頼を失ってしまいかねません。その道のプロほどの知識を身につける必要はないかもしれませんが、基本的なことは一通り抑えられるようにしましょう。

  • POINT03

    責任感

    ゲームプロデューサーは開発したゲームに関する全ての責任を負います。より良い作品に仕上げたいという熱い思いと、リリース日までに開発しなければならないという強い意思を持って仕事に挑むことが求められます。

必要な資格・試験情報

ゲームプロデューサーが必ず取るべき資格というものはありませんが、プログラミングやデザインに関する知識を深めておいて損はありません。プログラマーの入門編試験とされる「ITパスポート」や「基本情報技術者試験」といった資格を取得すると、ITに関する最低限の知識を有している証明となります。デザインの知識を身につけるためにも、IllustratorPhotoshopを学ぶのもおすすめです。
また、企画書や仕様書を作成する上でPowerPointExcelWordのスキルは必須になります。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を勉強し、PCスキルを身につけるとよいでしょう。

ゲームプロデューサーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram