仕事図鑑

ゲーム クリエイター

グラフィックデザイナー

デザインの力で伝えたい情報を届ける

グラフィックデザイナーとは

デザインで魅力を伝えるビジュアルのプロフェッショナル

グラフィックデザイナーとは、新聞や雑誌、ポスター、広告、商品パッケージなどのデザインを担当する仕事です。印刷物を中心に画像や文字をデザインし、魅力的なレイアウトを考えます。クライアントの要望や商品のコンセプトに沿って、商品やサービスの魅力を引き出すデザインを作り上げます。グラフィックデザイナーが携わるデザインは、多くの人々の目に触れるものが多く、人々の心を動かすやりがいのある仕事です。また、ビジュアル表現のプロフェッショナルとして商品の売上増大に貢献することもできます。近年ではWeb媒体の普及により、Webコンテンツで用いられるグラフィックや電子書籍の表紙など、紙媒体以外の仕事も増加しています。

どんな仕事?

企業の売上増大にも貢献するグラフィックの仕事

電車や雑誌の広告やパンフレット、商品パッケージ、ポスターなど、グラフィックデザイナーが手がける仕事は多岐に渡ります。どれも私たちの生活に密接したもので、デザインを通して商品の魅力を伝える役割があります。商品やサービスの場合はその内容やコンセプト、イベントの場合は企画内容などを十分に理解した上で、それらの魅力を最大限に引き出すデザインを作り上げます。デザインは自由に行うものではなく、クライアントのニーズや要望、ターゲットの好みなどに沿ったものでなければなりません。自身が手がけた広告やポスターによって商品がヒットし、企業の売上増大につながった時には、大きなやりがいを感じることでしょう。

  • POINT01

    ポスター

    駅のホームや商業施設などの壁に貼られている、広告・宣伝を目的にしたポスターのデザインを手掛けます。チラシのように手に取ってじっくり内容を確認できるものではないので、遠くから見た時にも目立ち、内容が理解できるようデザインします。

  • POINT02

    雑誌広告

    雑誌の中身や裏表紙に掲載されている雑誌広告を手がけます。雑誌の読者層に合わせたPRができるため効果が高く、掲載費用は高額になるケースが大半です。そのため、的確な情報を盛り込み、雑誌のイメージや読者の好みに合わせたデザインにすることが必要です。

  • POINT03

    パッケージデザイン

    お菓子や食品、ドリンクなどの商品パッケージは、「パケ買い」という言葉があるほど購買を決める上で大きな役割を果たします。そのため、商品の特徴やコンセプトが伝わり、人の目を引くデザインに仕上げる必要があります。

  • POINT04

    ロゴ作成

    企業やブランド、イベントなどのロゴマークを考えるのもグラフィックデザイナーの仕事です。シンプルな構成の中にクライアントの想いや意図を込めて、柔軟なアイディアを形にする力が必要です。

どうすればなれる?

グラフィックデザイナーへの道のり

グラフィックデザイナーとして活躍するためにはIllustratorやPhotoshopといったデザインソフトを使いこなせるスキルが必要不可欠です。また、色彩やフォントの効果、構図やレイアウトの技法などのデザインの知識が求められるので、デザイン系の専門学校や美術系の大学でデザインの考え方など基礎からスキルを磨くとよいでしょう。そして、デザイン会社や広告代理店、メーカーの広告部門などに就職してグラフィックデザイナーとしてのキャリアを歩みます。実力と経験を積めば、アートディレクターやクリエイティブディレクターにキャリアアップしたり、フリーランスとして活躍したりすることも夢ではありません。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    アイデア力

    クライアントの要望や商品の特性に応じたデザインを制作するため、柔軟なアイディアが求められます。また、様々なデザインテイストを使い分けることでデザインと仕事の幅が広がります。

  • POINT02

    デザインセンス

    グラフィックデザイナーは広告やポスターなどを手がけます。そのため、人々の心をつかむデザインセンスが必要です。情報を分かりやすく伝え、魅力的なデザインに仕上げるスキルを身につけましょう。

  • POINT03

    トレンドを知る姿勢

    デザインの流行は年々移り変わります。常に流行に則ったデザインにする必要はありませんが、トレンドを取り入れたデザインは洗練された印象になるため、アンテナは高く貼っておくべきでしょう。また、インスピレーションを得るためにもトレンドを追い、感性を磨き続ける姿勢が必要です。

  • POINT04

    コミュニケーション力

    クライアントのニーズをくみ取り、商品やサービスの魅力を理解するためのコミュニケーション力が必要です。また、クリエイティブディレクターやカメラマン、ライターなど複数の人々が関わるチームで仕事を進めるため、スムーズなコミュニケーションが求められます。

必要な資格・試験情報

グラフィックデザイナーになるための必須資格はありませんが、スキルを客観的に証明し、就職や転職で有利に働く資格があります。Illustrator®クリエイター能力認定試験Photoshop®クリエイター能力試験はグラフィックデザイナーに必要不可欠のツールを使いこなせる証明になりますし、DTPエキスパート色彩検定はグラフィックデザインの基礎知識があることを示せます。グラフィックデザイナーは知識だけでなく、実力が求められます。そのため、専門学校などの在学中になるべくたくさんの作品を作り上げ、ポートフォリオとしてストックしておくとよいでしょう。その際、幅広いデザインにチャレンジすると就職時にも有利になりやすいです。日頃から感性を磨き、新しいデザインや情報をインプットしていく姿勢も重要です。

グラフィックデザイナーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram