仕事図鑑

ゲーム クリエイター

Webディレクター

リーダーシップを発揮しチーム全体をまとめる

Webデザイナーとは

Web制作の指揮官

Webディレクターとは、Webサイト制作のスケジュールや品質を管理し、全ての工程を指揮する仕事です。クライアントの要望をヒアリングした上でWebサイトの目的を設定し、ワイヤーフレームと呼ばれる構成図やサイトマップを作成。そして、Webデザイナーやプログラマーに指示を出し、Webサイトを具体的な形へと作り上げていきます。決められた納期内にクオリティの高いWebサイトを制作するためにも、常に全体の状況を把握し、遅れていれば的確に指示を出さなければなりません。また、Webデザイナーやプログラマーに仕事を依頼するために、デザインやHTML、css、プログラミングといった専門的な知識も抑えておく必要があります。大勢の人を動かし、なおかつ複数のプロジェクトを同時進行するケースが多いため、リーダーシップを発揮して全体をまとめていく必要があります。無事Webサイトがリリースされ、クライアントの課題を解決したり売上向上に貢献できた時は、大きな達成感が得られるものです。

どんな仕事?

メンバーに指示を出しスケジュール内でサイトを完成させる

WebディレクターはWebサイトのコンセプトを策定し、プロジェクトを具体的に動かし、あらゆる工程に関わることで完成へと導く重要なポジションです。Webデザイナーやプログラマーに気持ちよく動いてもらい、スケジュール内にベストなWebサイトを制作する必要があるため、マネジメント能力も求められます。場合によってはHTMLやcssのマークアップ、プログラミング、キャッチコピーや原稿作成にも携わることがあるため、幅広い専門知識が必要になります。Webサイトに使用する写真を独自に用意する場合は、カメラマンと同行して撮影や取材を行うケースもあります。

  • POINT01

    ドキュメント作成

    クライアントへの提案書や企画書、見積書を作成し、オリエンテーションでプレゼンテーションします。受注できた場合はヒアリングシートやサイトマップ、ワイヤーフレーム、スケジュール表、マイルストーン、タスクシートなどのドキュメントを作成していきます。最初に作成するドキュメントを元にプロジェクトが進行していくため、抜け漏れなく念入りに作成する必要があります。

  • POINT02

    企画・提案

    クライアントの課題やニーズをヒアリングし、企画を提案します。クライアントはWeb制作のプロではないケースが多いため、漠然とした要望であってもどのようにサイトで解決できるかを分かりやすく提示します。そして、プロジェクトのコンセプトや方向性、コンテンツの内容を詰めていきます。

  • POINT03

    プロジェクト管理

    Webデザイナーやプログラマーなどプロジェクトに必要な人材をアサインし、プロジェクトを進行します。必要業務を洗い出した上で的確に指示を出し、スケジュール管理を綿密に行いながら進めていきます。

  • POINT04

    取材・撮影

    場合によってはWebディレクターが取材や撮影を行い、原稿を執筆することがあります。プロのカメラマンやライターに依頼する場合は、取材や撮影に同行してWebサイトに必要な素材を収集します。

  • POINT05

    マーケティング

    Webサイトはリリースして終わりではありません。多くのユーザーに訪れてもらってこそ、クライアントの要望を果たせることになります。そのため、リリース後にもABテストやエントリーフォーム最適化、ランディングページ最適化などを行い、テストを重ねることでWebサイトをより効率的・効果的なものへと改善していきます。

  • POINT06

    運用・改善

    Webサイトの更新が発生する場合は、ページの内容を差し替えたり追加したりします。アクセス解析ツールでアクセス状況を分析し、改善が必要なページに関してはてこ入れします。

どうすればなれる?

Webディレクターへの道のり

WebディレクターはWeb制作に関する幅広い知識が求められます。HTMLやcss、プログラミング、SEO、Webマーケティングなど、各分野の専門知識に触れて、的確な指示を出さなければなりません。そのため、IT系の専門学校や情報系の大学で専門知識を学び、Web制作会社やIT企業、Webマーケティング会社、企業のIT部門に就職します。また、Webデザイナーやプログラマーを経験し、Webディレクターにキャリアアップするというルートもあります。経験や実績を積めば、フリーランスのWebディレクターとして活躍することもできます。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    コミュニケーション能力

    Webディレクターやコーダーなどプロジェクトメンバーと共同で仕事にあたるため、円滑に業務を進めるためのコミュニケーション力が求められます。

  • POINT02

    プレゼンテーション能力

    仕事を受注するというのもWebディレクターの重要な仕事です。素晴らしいWebサイトの企画を作っても、その魅力を最大限に伝えることができなければ失注してしまいます。相手の課題を解決するメリットを的確に伝え、夢を持たせられるプレゼンテーション能力が問われます。

  • POINT03

    マネジメント能力

    スケジュールやコスト、スタッフを管理し、プロジェクトを効率的に進めるマネジメント能力が求められます。また、工数に対して必要な人材のアサインや作業日数の確保、クライアントとの交渉など、数週間、数か月先のことを考える管理能力も必要です。

  • POINT04

    専門知識

    Webディレクター自身がWebデザインやプログラミングを完全に行える必要はありませんが、Webデザイナーやプログラマーに的確に指示を出すためにも、その分野の常識や知識は身につけておく必要があります。また、WebプロモーションやWebマーケティング、SEO対策などはWebディレクター自身が主導して行うケースが多いため、これらの分野の専門知識も習得しておきましょう。

必要な資格・試験情報

Webディレクターになるために必要な資格はありませんが、「Webディレクション検定」や「Webリテラシー試験」、「Webアナリスト検定」、「Web解析士認定」、「ネットマーケティング検定」といった試験は役に立ちます。Webサイト制作に関する技術はめまぐるしく進化しており、Webデザインのトレンドも日々移り変わっています。Webマーケティングに関しても新しい手法が生み出され続けているので、最先端の技術や情報を収集して柔軟に対応していく姿勢が大切になります。

Webディレクターを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram