仕事図鑑

ゲーム クリエイター

Webライター

ライティングで成果を上げる

Webデザイナーとは

クライアントの依頼を受けてWebコンテンツを執筆する

Webライターとは、Webサイトに掲載するコンテンツ記事を執筆するライターのことです。SEO対策目的のコンテンツマーケティングは今や一般的なマーケティングとなっており、インターネット検索を行うユーザーを自社サイトに引き込むための重要な施策とされています。Webライターはクライアントからの依頼を受け、検索結果で上位に表示されるようSEOを考慮しながら、テーマに沿った記事を執筆します。執筆内容は金融、医療、芸能、アニメ、BtoBサービスなど多岐に渡り、ニュースやコラム、インタビュー、メルマガなど様々なテイストで執筆します。インターネットやSNSの普及でコンテンツマーケティングの需要は今後も高まることが予測されており、それに伴いWebライターのニーズも高まることでしょう。ユーザーの心を動かし、納得感を与え、クライアントの売り上げなどにつながった時は大きな達成感を味わえるはずです。

どんな仕事?

インターネット上で発見されやすいコンテンツライティングを意識する

Webライターは企業のホームページに掲載するコンテンツやブログ、メルマガ、ECサイトの商品情報、ニュースサイトの記事など様々な執筆に携わります。新聞や雑誌といったメディアとは異なり、Webコンテンツは検索エンジンやSNSなどインターネット上で発見され読まれることになるため、SEO対策のキーワードライティングが重要になります。また、フリーランスのWebライターはクラウドソーシングなどを活用して自分自身でクライアントを見つける場合もありますし、制作会社や編集プロダクションから仕事を依頼される場合もあります。ここでは、一般的なWebライターの仕事の流れを紹介します。

  • POINT01

    ヒアリング・リサーチ

    クライアントからターゲットの読者や記事のテーマ、検索上位を狙いたいキーワードなどをヒアリングします。その上で、競合サイトなどをリサーチして情報収集を行い、記事執筆の準備を進めます。

  • POINT02

    記事作成

    SEO対策を意識したWebライティングでは、タイトルや本文などにキーワードを適切に挿入したり、見出しのタグを適切に使用したりと、紙媒体のライティングとは異なる工夫が求められます。これらのポイントを抑えつつも、読者にとって分かりやすく読みやすい記事を執筆していきます。

  • POINT03

    タイトル・メタディスクリプションの最適化

    記事のタイトルによって記事が読まれるかどうかが左右されると言っても過言ではありません。読者の興味をそそるタイトルをつけて、クリック率を上げる工夫を行います。また、メタディスクリプションとは検索結果に表示される記事の説明文のことで、この内容が適切であればクリック率向上につなげることができます。

  • POINT04

    校正

    文章の誤字脱字チェックや、スマホで閲覧した時の改行のされ方などをチェックし、問題があれば修正していきます。記事の内容はもちろんのこと、見た目にも美しいコンテンツに仕上げることで、読者の満足度を高めることができます。

どうすればなれる?

Webライターへの道のり

Webライターになるために必要な資格はありませんが、SEO対策やキーワード選定、HTMLタグなどWebマーケティングに関する幅広い知識と、ライティングのスキルが求められます。専門学校や大学などでWebマーケティングとWebライティングのスキルを磨き、広告代理店やWebコンテンツ制作会社などに就職するのが一般的です。実績を積んだWebライターは、人脈を活かしてフリーランスとして独立することも多くあります。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    Webライティングスキル

    見出しを読んだだけで記事全体の内容が理解できたり、流し読みしても内容が分かるよう一文を短く読みやすくしたり、SEO対策を意識したりと、WebライティングはWebの特性を理解した執筆が求められます。紙媒体などとは異なるルールも多く存在するので、それらを理解してWebライティングスキルを磨いていくことが重要になります。

  • POINT02

    リサーチ力

    Webライティングはインターネット上で情報をリサーチし、その内容を参考にコンテンツを執筆するのが一般的です。そのため、公的なデータや良質な情報などをリサーチする力が求められます。また、他サイトの情報を参考にしたとしても、コピーアンドペーストで記事を作成すると著作権侵害になってしまいます。自分の言葉でかみ砕いて表現する力も必要になります。

  • POINT03

    コミュニケーション力

    クライアントの目標や意図を正しく理解し、コンテンツに落とし込むためのコミュニケーション力が求められます。電話やメールでのやりとりも多くなりやすい仕事なので、丁寧かつ細やかな対応を心がけましょう。

必要な資格・試験情報

Webライターになるために必須の資格はありませんが、Webライティング能力検定文章読解・作成能力検定などはスキルを客観的に証明できる資格なので、就職で有利に働く可能性があります。書籍やインターネット上の情報を参考に記事を執筆する場合、その情報が正しい内容かを見極める判断力が求められるので、幅広い分野にアンテナを張って日頃から情報収集する意識が大切になります。また、コンテンツマーケティングでは著作権侵害や医療記事関係の問題などが話題にもなりましたので、その方面の法律やニュースについても調べておくことをおすすめします。

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram