仕事図鑑

ゲーム クリエイター

Webデザイナー

デザインでクライアントの要望を叶える

Webデザイナーとは

目的に沿ったサイトをデザインする仕事

Webデザイナーとは、クライアント企業のイメージや目的に応じて、Webサイトのデザインを制作する仕事です。企業のコーポレートサイトやインターネットショッピングサイト、1ページで分かりやすく情報を伝えて広告効果を上げるLPページ、イベント用のキャンペーンサイト、広告用のバナーやボタンなどの画像素材まで幅広く制作を請け負います。近年はスマホの普及率が急上昇しているため、スマホやタブレットでも閲覧しやすいようレスポンシブ対応されたサイトを制作するケースが増えています。クライアントの目的を達成するため、機能性とデザイン性を兼ね備えたユーザビリティの高いサイトデザインを考える必要があります。また、企業によってはデザインだけでなく、業務内容にコーディングが含まれることもあるので、HTMLやCSSなどのコーディングスキルを身につけておくと良いでしょう。

どんな仕事?

経営戦略やマーケティングへの貢献度が大きい仕事

企業のホームページやコンテンツページなどのデザインを手掛けることがWebデザイナーの仕事です。直接クライアントの要望をヒアリングするケースもありますが、基本的にはWebディレクターの指示に従い、制作を進めるケースが多いです。Webディレクターが作成したワイヤーフレームを元に、クライアントの要望を満たすデザインを提案します。ページデザインだけでなく、企業ロゴやバナーデザイン、キャッチコピーの考案、アニメーションの動画の制作、企業によってはコーディングまで兼任するなど幅広く担当します。

  • POINT01

    要件整理

    サイトの目的やターゲットユーザー、コンテンツの優先度、デザインテイスト、ページ構成、ユーザー環境、納期などプロジェクトの要件を整理します。目的やターゲット、コンテンツの優先度はとくにデザインにも大きく影響するため、必要に応じて直接クライアントの元に訪問してヒアリングを行います。

  • POINT02

    構成・ワイヤーフレームの作成

    一般的には、サイト構成やワイヤーフレームはWebディレクターが作成します。しかし、プロジェクトによってはWebデザイナーが主導して作成したり、Webディレクターをサポートしたりすることもあります。サイト構成とワイヤーフレームはWebデザインのベースとなるため、非常に重要です。

  • POINT03

    デザイン作成

    IllustratorやPhotoshop、Fireworksなどのグラフィックソフトを用いてデザインを作成します。目的を達成するデザインや色のトーン、フォント、アイコンの大きさなど細部にわたってこだわり作成していきます。また、必要に応じて写真を加工することもあります。

  • POINT04

    コーディング

    作成したデザインを実際に動くサイトにするために、コーディングを行います。HTMLやCSS、コーディングなど基礎的なウェブデザインに関する知識は最低限必要です。企業によってはコーダーがコーディングを担当することもあります。

  • POINT05

    テスト

    コーディングしたサイトが要件通りの動きになっているか、テストして確認します。各種ブラウザやスマホで検証し、バグがあれば原因を追究して修正します。

どうすればなれる?

Webデザイナーへの道のり

WebデザインはPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを用いて作成を行います。それらを使いこなせる操作スキルやデザインスキルの他に、HTMLやCSSといったコーディングスキルやインターネットの知識も問われます。まずは専門学校などでWebデザインに必要な専門知識や技術を基礎から身につけ、Web制作会社などへ就職するのが近道となります。また、近年はユーザビリティを重視するUI・UXという概念が普及しているため、使いやすいサイト作りのための知識も身につける必要があります。Webデザイナーとしての経験を積み、操作設計やSEOを考えたサイトマップの設計、進行管理などのスキルを身につけることでサイト制作を指揮するWebディレクターWebプロデューサーへのキャリアアップを目指すことも可能です。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    コミュニケーション能力

    Webディレクターやコーダーなどプロジェクトメンバーと共同で仕事にあたるため、円滑に業務を進めるためのコミュニケーション力が求められます。

  • POINT02

    表現力

    クライアントの目的や意図、要望を正しく理解し、最適な形でデザインに落とし込む表現力が求められます。また、美しく見やすいサイト作りのために、デザインセンスも必要です。

  • POINT03

    根気強さ

    Webデザインでは1ピクセル単位での調整が必要になります。コーディングや画像処理、サイズ加工など細かい業務も多いため、根気強く仕事に向き合う姿勢が求められます。

必要な資格・試験情報

Webデザイナーになるために必ず取得しなければならない資格はありません。しかし、スキルを客観的に示すためにも「Webクリエイター能力認定試験」や「ウェブデザイン技能検定」といったWebデザイナー向けの資格を取得することをおすすめします。また、Webデザイナーにとって必須のツールであるPhotoshopやIllustratorのスキルを示せる「Photoshop®クリエイター能力試験」や「Illustrator®クリエイター能力認定試験」の取得を目指すのもよいでしょう。Webデザインの領域はトレンドが激しく移り変わり、アプリケーションや言語も日々バージョンアップしていくため、常に高いアンテナを張って情報収集することが重要です。競合他社のサイトのデザインを調査したり、トレンドとなっているデザインのサイトを分析したりと、最先端のデザインを取り入れる姿勢も求められます。

Webデザイナーを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram