仕事図鑑

ゲーム 最新テクノロジー

クラウドエンジニア

企業に最適なクラウドサービスを提供

クラウドエンジニアとは

クラウド環境に精通したエンジニア

急速にクラウド化が進んでいる昨今、インフラ開発をクラウド環境で行う企業が急増しています。その状況を受けて、現在ニーズが高まっているのがクラウドエンジニアです。クラウドエンジニアとはクラウド環境に特化したエンジニアで、クラウドを利用しながらクライアントのネットワーク構築や保守などを行います。そもそもクラウド化を行うことによる企業のメリットは、コストの削減やシステム構築の期間の短縮などがあげられます。現場で直接サーバやネットワークを設置し、運用・保守する手間やコストがなくなるのです。そのため、それまで物理的なサーバを相手にしていたインフラエンジニアやネットワークエンジニアも、クラウドの知識や技術が求められるようになってきています。

どんな仕事?

最先端のクラウドを活用して設計・構築・保守を行う仕事

近年、自社内にサーバやシステム環境を設置するオンプレミスからクラウド環境に移行する動きが加速しています。これは大企業だけでなく、中小企業にも広がっている傾向です。クラウドエンジニアはオンプレミスからクラウドへの移行を検討するクライアントに、ネットワークの提案や設計・構築を行います。また、すでにクラウド環境でネットワークやシステムを構築しているクライアントに対して、改善提案を行ったり保守・管理を行ったりするのがクラウドエンジニアの主な仕事です。

  • POINT01

    設計

    クラウドエンジニアにとって特に重要な仕事が設計です。クラウドは年々進化し続けているので、将来の拡張性を考慮した上で設計を行わなければなりません。また、オンプレミス上の既存サービスをクラウド上に移行する場合や、クラウド上に新規サービスを立ち上げる場合など、様々なパターンに対応する必要があります。

  • POINT02

    構築

    クラウドサービスは各社の競争が激しく、次々と新しいサービスや機能をリリースしています。クライアントの課題や要望に最適なサービスを用い、的確にネットワークやシステムを構築できるよう、勉強会などで常に最新の知識を収集していきます。

  • POINT03

    運用・保守

    ネットワークやシステムを安定的に稼働させるために、保守・運用を行います。想定以上にアクセスが伸びCPUに負荷がかかりすぎている場合など、最悪の場合サービスが停止してしまう可能性もあるため、安定稼働のためのチューニングを常にしていきます。また、運用コストを抑えるための調整や提案も行います。

どうすればなれる?

クラウドエンジニアへの道のり

クラウドエンジニアになるには、ミドルウェアやツールの知識や技術、そしてクラウドに関する知識を身につける必要があります。また、場合によってはシステムエンジニアのような役割を果たすこともあります。クラウドは新しい技術なので、ネットワークエンジニアやインフラエンジニア、システムエンジニアがクラウドの知識を身につけてキャリアアップするケースが多いようです。専門学校や情報系の大学でエンジニアとしてのスキルを身につけ、クラウドに関する知見を広げていくとよいでしょう。その後、システム開発会社やSIerなどに就職し、クラウドエンジニアとしての経験を積んでいきます。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    クラウドの技術と知識

    クラウドを活用して可用性やコスト効率のよいシステムを構築するスキルや、耐障害性に優れたシステムを構築できるスキルなど、クラウドに関するスキルが求められます。また、最先端のクラウドサービスに関する情報を常に収集し、知見をアップデートしていく姿勢が必要です。

  • POINT02

    ネットワークの知識

    ネットワークの設計や構築に関する知識やスキルも求められます。オンプレミスのネットワークをクラウド上に移管するケースが多いため、ネットワークエンジニアが身につけるスキルを習得すると強みになるでしょう。

  • POINT03

    ミドルウェアやツールの知識

    システム構築の際、設計したシステムをミドルウェアを設定して組み上げることがあるため、ミドルウェアやそれに準ずるツールの知識が求められます。

  • POINT04

    コミュニケーション力

    クラウドエンジニアはシステムエンジニアやプログラマなど、様々なメンバーと一緒に協力して開発を進めていきます。そのため、チームでスムーズに連携するためのコミュニケーション能力が求められます。

必要な資格・試験情報

クラウドエンジニアになるために必要な資格はありませんが、非常に幅広く専門的な知識が求められるため、コツコツと勉強を積み重ねる必要があります。幅広い知識を体系的に勉強するためにも、資格の取得を目指すのも効果的でしょう。「シスコ技術者認定」や「LPIC(Linux技術者認定試験)」といった資格は、ネットワークエンジニアやサーバエンジニアに必要な知識を身につけるのに最適です。また、「AWS Academy Cloud Foundations」や「Google Cloud Certified」といった資格はクラウドに関するものです。初めのうちは難しく感じられるかもしれませんが、一つひとつ理解を深めて総合的な知識やスキルを身につけましょう。

クラウドエンジニアを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram