仕事図鑑

ゲーム 最新テクノロジー

IoTエンジニア

利便性を叶えるIT技術で生活を豊かにする

IoTエンジニアとは

世の中を便利にする最先端技術を作り上げる

IoTエンジニアとは、IoTに関わる製品や技術のシステムを開発する仕事です。IoTとはInternet of Thingsの略で、モノのインターネットと呼ばれる技術のことです。PCやスマートフォンだけでなく、家電やドア、窓、電気などあらゆるモノとインターネットをつなぐことで遠隔操作や監視ができるようになり、利便性、防犯性の向上に期待できるものとして注目を集めています。身近な事例としては、ドアのIoTでは施錠状況や帰宅状況、不審者の侵入状況などを把握することがあげられるでしょう。その他、医療現場では患者の生体データをリアルタイムで医師に共有することで遠隔診察できたり、農業ではセンサーが感知する日射量や土壌の情報を元に農薬散布を自動化したりと、あらゆる産業での活用が見込まれます。IoTは今後ますます需要が伸びる技術と予想されていますが、その技術を下支えするIoTエンジニアは慢性的な人手不足となっています。そのため、IoTエンジニアのスキルを身につければ幅広いシーンで活躍できる可能性が高いと言えます。

どんな仕事?

幅広い専門知識を活かして新技術を開発

IoTエンジニアの仕事内容は多岐に渡ります。IoT開発では組み込みやネットワーク、アプリケーション、セキュリティなど様々な専門技術を活用する必要があるためです。そのため、各分野のバックグラウンドを持つIoTエンジニアが活躍しています。少なくとも、IoTエンジニアとして活躍するためにはハードウェアとソフトウェアの両方の知見を持っておくべきと言えるでしょう。幅広い専門性が問われる職業ではありますが、私たちの生活を支える上で、IoTは今後ますます発展していくと言えるでしょう。また生活の利便性を上げるだけでなく、ビジネス面においてもコストダウン・業務効率化の観点からも注目を集めています。
IoTエンジニアとして活躍するために必要なスキルを見ていきましょう。

  • POINT01

    組み込み系

    家電製品をはじめとするモノをIoT化するためには、CPUを組み込むための組み込み系システムの知識が必要です。デバイスや基盤、センサーといったハードウェア全般の知識も用いるため、これらに精通しておくとよいでしょう。組み込み系システムではC言語が主に利用されます。

  • POINT02

    ネットワーク

    IoT端末をインターネットに接続してこそIoTとしての力を発揮するので、ネットワークの知識も必要不可欠です。IoTではWi-Fiやモバイル通信だけでなく、Bluetoothなどの無線系ネットワークも利用することになります。

  • POINT03

    セキュリティ

    IoTはプライバシーとも密接に関わるため、セキュリティが万全でなくてはなりません。情報漏洩を防ぐために、強固なセキュリティシステムを開発することが求められます。

  • POINT04

    アプリケーション

    IoT端末はスマートフォンアプリと連携することが一般的です。操作やデータ確認などはアプリ上で行うことになるため、アプリ開発の知識や経験があると有効です。

  • POINT05

    AIと機械学習

    IoT端末から収集されたデータはクラウド上に集積され、そのデータを元に製品のさらなる利便性向上をはかることになります。AIと機械学習の知識があることで、より高精度な製品開発に携わることができます。

どうすればなれる?

IoTエンジニア_sub

IoTエンジニアへの道のり

IoTエンジニアはネットワークやセキュリティ、AIなど幅広い知識が問われる専門性の高い技術職です。そのため、IT系の専門学校や情報系の大学で基礎知識やスキルを身につけ、IT開発企業に就職するのが近道です。C言語やC++、Java、SythonといったIoTでよく使われるプログラミング言語を学び、多岐に渡る業務に対応できるようになりましょう。今後は、交通・医療・教育・農業など、人々の生活をより豊かにするためにIoTがあらゆる分野で浸透すると予想されます。それにより、IoTエンジニアが必要とされる業界はますます拡大していくと予測されます。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    コミュニケーション能力

    IoTエンジニアは一人でパソコンに向かってプログラミングする訳ではありません。基本的には各スペシャリストや営業担当、広報担当などとチームを組んで、一つの製品を作り上げていくことになります。そのため、スムーズに開発を進めるためのコミュニケーション能力が欠かせません。

  • POINT02

    発想力

    IoTは新しい技術分野です。実際に世に出回っている製品はまだまだ限られた分野であり、今後もさらなる市場開拓、技術開拓の可能性が秘められています。人々の生活や産業をより便利にするためにどのような製品が求められているか、柔軟に考える発想力が必要です。

  • POINT03

    論理的思考力

    IoTエンジニアは高度な専門知識を駆使して製品や技術を検討することになるため、論理的思考力が問われます。

  • POINT04

    根気と体力

    限られた納期内にIoTシステムを開発する必要があるので、場合によってはハードワークとなる時もあるでしょう。そのような際に対応できる根気と体力が求められます。

必要な資格・試験情報

IoTエンジニアになるために必要な資格はありません。しかし、IoT検定IoTシステム技術検定試験エンベデッドシステムスペシャリスト試験などは、IoTや組み込み系に関する知識を有していることの証明となるため、資格取得を目指すとよいでしょう。IoTは新しい分野で、かつIT業界は日進月歩で技術が進化しています。そのため、最先端の技術やプログラミング言語に対する高いアンテナを張ることが重要です。また、IoT技術が活かせる業界がないか、広い視野を持って観察しておくことも大切でしょう。書籍やインターネットサイトなどを駆使し、日々勉強する姿勢を持ち、新たな技術分野を切り開いていきましょう。

IoTエンジニアを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram