仕事図鑑

ゲーム 最新テクノロジー

ネットワークエンジニア

ネットワーク環境を整え、情報化社会を支える

 

ネットワークエンジニアとは

仕事や生活に欠かせないネットワークシステムを支える仕事

ネットワークエンジニアとは、ネットワークを設計・構築し、その後の運用・監視まで行う技術者のことです。通信技術の発達により、私たちの生活にはネットワークシステムが欠かせない存在となりました。中でもオフィスなどでは、複数のコンピュータを複数の通信機器に接続する必要があります。ネットワークエンジニアはそれらの機器を効率的に接続し、ストレスなくデータの送受信ができるネットワークシステムを作り上げます。 万が一障害が発生してしまうと、社内ネットワークシステムが止まってしまい、大きな損失を与えてしまいます。そのため、冷静かつ責任感を持ってネットワークを構築する必要があります。ネットワークがなければ日々の生活が成り立たないほどのものなので、情報化社会を支える重要な役割を果たす仕事です。

どんな仕事?

快適なネットワーク環境を提供する

パソコンからデータを送受信する通信環境は、勝手に出来上がるものではありません。そのネットワークを設計・構築し、快適に通信を利用できる環境を築くのがネットワークエンジニアの仕事です。クライアントのニーズに合わせて最適なネットワークを構築し、その後は運用・管理まで担い、問題が生じた際は対応できるようにします。ネットワークエンジニアが担う仕事の工程を、具体的に見ていきましょう。
  • POINT01

    設計

    クライアントが抱える課題をヒアリングし、各種OS、セキュリティ、サーバなどの要望を洗い出します。その上で最適なネットワークシステムの構想を検討し、設計書を作成します。ネットワークは様々な通信機器と安全に接続する必要があるため、サーバやセキュリティなど幅広いインフラの知識が求められます。
  • POINT02

    構築

    ネットワークの設計書を元に機器を選定し、機器同士をケーブルで接続して配置するなど、物理的にネットワークを構築していきます。機器の配置後はランプの状態確認や通信の正常性を確認します。また、トラブル発生時の通信の切り替わりが想定通りの動きをするかなど、ネットワークの設計通りに動作するかの回線テストを行います。
  • POINT03

    運用

    PCの数の変動に応じてネットワーク構成を見直したり、機器をアップデートしたり、ユーザーのアカウント管理をしたりと、稼働を止めることなく安定してシステム運用できるようメンテナンスを行います。ネットワークの安全性と安定性を守るのも、ネットワークエンジニアの仕事です。
  • POINT04

    保守・監視

    監視ツールでネットワークシステムにエラーが発生していないか、監視します。何らかの問題が生じた場合は、早急に原因を突き止めて復旧作業を行います。

どうすればなれる?

ネットワークエンジニアへの道のり

IPアドレスやサーバ、ルータといった通信ネットワークに関する知識と、PCをはじめとするハードウェア、セキュリティに関する専門的な知識が求められます。そのため、専門学校や大学でネットワーク構築やサーバ管理に関するスキルを身につけることが、ネットワークエンジニアになるための近道です。卒業後はIT関連企業や通信企業などに就職し、経験を積んでいきます。不正アクセスや情報漏洩対策の分野を極めることで、セキュリティエンジニアにキャリアアップすることも可能です。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    冷静さ

    万が一障害が発生してしまった場合は、早急に原因を究明して、一刻も早く復旧させる必要があります。重大なトラブルであっても焦らず冷静な判断力を保ち、原因究明や回復作業などで適切に対応する力が求められます。
  • POINT02

    責任感

    ネットワークは一つのミスが大きな障害につながってしまいます。また、適切に設計しなければ想定通りの動作にならず、クライアントの要望を満たすことができません。そのため、緻密にネットワークを設計・構築し、その後の運用にも対応する責任感が求められます。
  • POINT03

    コミュニケーションスキル

    クライアントの抱える課題をヒアリングし、最適なネットワーク環境を提案するためにも、コミュニケーションスキルは必要不可欠です。また、何かトラブルが生じた際にも、責任者へ的確に状況を報告できる論理性が求められます。
  • POINT04

    体力

    通信障害にいつでも対応できるよう、ネットワークエンジニアは深夜帯の監視業務が発生します。また、24時間365日体制で対応に当たる必要があるため、不規則な勤務体系になる可能性があります。トラブル発生時には復旧できるまで激務になることもあるため、ハードな任務に耐えられる体力が必要になります。

必要な資格・試験情報

ネットワークエンジニアが必ず取得しなければならない資格はありません。しかし、資格を取得することで仕事に必要な体系的な知識を身につけられ、スキルを客観的に示すことも可能になります。ネットワークエンジニアにおすすめなのが「基本情報技術者試験」。IT業界に関わる人材が有しておくべき基本的な知識が学べます。世界最大手のネットワーク関連機器メーカー・シスコシステムズ社が実施するネットワークエンジニア向けの試験「CCNA」は、世界共通基準の資格なので勉強して損はないはずです。また、実務経験を積んでから「ネットワークスペシャリスト」の資格を取得し、キャリアアップを目指すこともできます。通信機器やセキュリティなど、ネットワークに関する事柄は常に進化していますので、最新技術の情報に興味を持って触れるようにしておきましょう。

ネットワークエンジニアを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram