仕事図鑑

ゲーム 最新テクノロジー

データアナリスト

ビッグデータを分析し戦略を立てる

データアナリストとは

ビッグデータを元に企業戦略を練る仕事

データアナリストとは、経営戦略や業務効率化などに役立てるために、企業などが抱えるビッグデータを分析する仕事です。IT技術が進化したことで、企業は顧客情報や行動履歴、キャンペーンの効果測定、売上状況などあらゆるデータをデータベースに保持することができるようになりました。これらは売上増大につながる経営戦略や、業務効率化による生産性向上などに有益な情報として注目されています。これらのデータを統計学やプログラミングなどを駆使し、正確に分析して施策を提案することで、企業への大きな利益貢献が可能になります。データアナリストは「データマイニングエンジニア」や「データサイエンティスト」などといった呼称を用いられることもありますが、基本的には同じ業務内容です。統計、プログラミング、ロジカルシンキングといった専門知識を活用して戦略を立てるこの仕事は、大きな責任感とやりがいを感じられるものです。

どんな仕事?

ビジネスを理解してデータを分析する

データアナリストは膨大なビッグデータを分析しやすいよう整理、加工し、その中から経営戦略に役立つ情報を見極めます。その上で分析、検証を行い、データを元にどのような戦略をとるべきかを検討、提案します。データアナリストは近年生まれた新しい仕事であり、戦略の事例もまだまだ多くはありません。ビジネスを深く理解し、どのデータを活用すればよいかを見定める力を持って、新たな事例を作り上げる気概で臨むことが求められます。現代、そして未来のビジネスにおいて不可欠な存在となる可能性の高いデータアナリストとして、専門知識とセンスを養っていきましょう。それでは、データアナリストの基本的な仕事の流れについて解説します。

  • POINT01

    要件定義

    クライアント企業や所属企業が抱える経営課題をヒアリングし、何から取り組むべきかを検討します。データ分析で何を実現した以下の認識をすりあわせ、要件定義します。

  • POINT02

    データ抽出

    要件定義に基づいて必要なデータを抽出します。場合によっては部署やシステムなど様々な場所で保有されるデータをまとめあげる作業が必要になります。そして、膨大案ビッグデータから何のデータを抽出すべきか検討します。

  • POINT03

    データ変換

    R、Pythonなどのプログラミング言語を活用してデータを整理します。視覚的に分かりやすいようデータを加工したり、グラフ化したりして変換します。

  • POINT04

    データ分析

    機械学習や統計学、プログラミング言語などを駆使してデータを分析します。いくつもの仮説検証を行い、得られた結果から課題解決に最も効果的な施策を検討します。

  • POINT05

    戦略と解決策の提案

    クライアント企業や所属企業にデータ分析の結果と戦略方針を提案します。依頼主はデータのプロではないので、誰にも分かりやすい形にデータやレポートをまとめる必要があります。レポート作成能力やプレゼンテーション力もデータアナリストとして不可欠なスキルと言えます。

どうすればなれる?

データアナリストへの道のり

データアナリストになるために必要な資格はありませんが、プログラミングやマーケティング、統計学、機械学習をはじめとする専門的かつ高度な知識が求められます。これらの知識とスキルを身につけるために、データアナリストを養成する専門学校や大学などに進学するのをおすすめします。その後、コンサルティング企業やビッグデータ分析企業、データアナリストを募集する企業などに就職し、実績を積んでいきます。データアナリストを募集する業界はメーカーやIT企業、ゲーム会社など多岐に渡ります。自分の興味のある分野や業界での活躍を目指すのも良いでしょう。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    マーケティング力

    データアナリストはただ数字を分析するのではなく、企業の利益に結び付く分析を行わなければなりません。そのため、ビジネスへの深い理解力やマーケティングの知識が求められます。

  • POINT02

    倫理的思考力

    どれだけ優れた分析を行っても、当初設定した課題が的外れであると大きな改善には結びつきません。そのため、論理的思考力を駆使して的確に課題を設定し、解決へと導くための分析力が必要です。

  • POINT03

    統計解析スキル

    統計や確率、微分積分、行列などの統計学に関する知識は必要不可欠です。データ分析や機械学習などで使われる数学の知識は身につけるようにしましょう。

  • POINT04

    ITスキル

    データベースやデータ処理、データ分析では高度なITスキルが求められます。プログラミング言語の中でもRやPythonは使用頻度が高いため、マスターしておくことをおすすめします。

必要な資格・試験情報

データアナリストになるために必須の資格はありませんが、「基本情報処理技術者試験」」や「応用情報技術者試験」は業務でも用いるIT知識やマーケティング知識を客観的に証明できるため、資格取得を目指すとよいでしょう。データベース管理や構築のスキルを証明するためには「オラクルマスター」、統計学の知識を証明するためには「統計検定」といった資格もおすすめです。データアナリストが最終的に目指すのは、データを経営戦略に結び付けることですので、マーケティングや業界に関する知識、行動経済学などについても勉強するとよいでしょう。日頃からニュースやトレンドにアンテナをはり、最適な戦略を提案できるよう知識を蓄えてください。

データアナリストを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram