仕事図鑑

ゲーム 最新テクノロジー

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリスト
体験授業はこちら

 

データベーススペシャリストとは

ビッグデータを有益な情報にする情報管理の専門家

データベーススペシャリストとは、企業が所有する膨大なデータを管理し、効率的なデータベースシステムを構築する仕事です。顧客管理やマーケティングなどにおいて、ビッグデータの重要性はますます高まっており、高度情報化社会において業務効率化や業績向上にための欠かせない役割となりつつあります。データを有効活用できるようシステム構築するためには、データベースの設計がとくに重要となります。データを整理し、有益な情報を抽出できるよう、データベーススペシャリストには高い専門性と高度な技術が求められています。

どんな仕事?

経営戦略やマーケティングで貢献

データベーススペシャリストは、データベースの設計・開発、管理、運用を行います。企業にとって適切なデータベースの容量を検討したり、データの順序や整理の方法を判断したりと、データを有効活用する上で重要な職務を果たします。膨大なデータを分かりやすく整理することから、図書館の司書に例えられることもあります。整理したビッグデータは、経営戦略やマーケティングのユーザー分析など、企業戦略の根幹に関わることに用いられます。データ利用者の業務効率改善に直接貢献できるだけでなく、売上向上などの経営への貢献度も大きいため、非常にやりがいの大きな仕事でしょう。データベース製品のプロフェッショナルは数が多くない一方で、現在ビッグデータやデータベースの重要性が認知され始めているため、需要が非常に高まっています。そのため、データベーススペシャリストは、開発プロジェクトの中でも替えが効かない存在として重宝されるケースも多いです。
  • POINT01

    データベースの設計・開発

    顧客がどのようなデータを管理したいのか十分にヒアリングし、ニーズに応じて最適なデータベースを設計・開発します。Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLなどのデータベース製品を用い、最適なデータベースを作り上げます。
  • POINT02

    データベースの管理

    データを適切に管理しなければ、ビッグデータを有効活用することができません。データを保存しているサーバを最適化したり、チューニングして効率化したりして、使えるデータにしていきます。また、どのようにデータを仕切るか、どのような順序でデータを並べるかといったことも検討していた、データを整理します。
  • POINT03

    データベースの運用

    データベースへのアクセス権の管理やデータのバックアップなどを行い、データベースを運用します。稼働中のデータベースの不正侵入やデータ流出を防ぐために、セキュリティ設計も行います。

どうすればなれる?

データベーススペシャリストへの道のり

データベーススペシャリストの仕事は、業務や勉強を通してスキルを身につけることも可能ではありますが、国家資格の「データベーススペシャリスト試験」を取得すると有利です。IT系の専門学校や大学でデータベースに関する体系的な知識を学び、資格取得を目指しましょう。ただし、この試験の合格率は1割程度と難易度が高いため、まずはデータベースエンジニアとして就職し、業務でスキルを高めてから資格取得を目指すのもよいでしょう。また、データベースシステムや、Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLなどの製品に関する知識、管理・運用の知識はデータベーススペシャリストに欠かせません。これらの専門知識を身につけられる学校へ通うことが近道になります。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    コミュニケーション能力

    クライアントから課題や要望をヒアリングしたり、他の開発スタッフと共同作業で開発を進めたりするため、コミュニケーション能力は必要不可欠です。相手のニーズをくみ取り、指示を正しく理解できるよう、傾聴力も高めましょう。
  • POINT02

    論理的思考力

    容量に限りのあるデータベースを、どのように有効活用すべきか最適解を導き出すためにも、論理的思考力が求められます。
  • POINT03

    データベース製品の知識

    一般的にデータベーススペシャリストはプログラマーやシステムエンジニアとしてのスキルも求められますが、人手不足の影響からデータベースの高度な製品知識のみを採用条件としているケースも見られます。Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLといった主流のデータベース製品は一通り抑えておく必要があります。

必要な資格・試験情報

データベースエンジニアの上位となるデータベーススペシャリストを名乗るからには、国家資格の「データベーススペシャリスト試験」の取得を目指したいところです。データベースの設計や開発、保守運用に関するスキルを認定する資格で、この資格があればデータベース構築プロジェクトのグループ責任者になれる実力を証明できます。「基本情報技術者試験」は、各種IT系エンジニアの登竜門的試験なので、まずはこの試験の取得を目指すのもおすすめです。「ORACLE MASTER」は、世界でトップクラスのシェアを誇るオラクル社のOracle Databaseシリーズを扱う技術を認定するベンダー資格です。データベーススペシャリストとしても使用機会の多い製品なので、資格取得を目指すとよいでしょう。

データベーススペシャリストを目指せる専攻

12/15まで
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram