仕事図鑑

ゲーム 最新テクノロジー

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは

情報システムのディフェンダーとして、セキュリティリスクを回避する仕事

情報化社会が進み、ありとあらゆるものがインターネットと繋がり、便利な生活を実現している現代社会。しかし一方で、ネットの海にはコンピューターウイルスやサイバー攻撃、情報漏えいなど、さまざまな脅威が潜んでおり、私たちの情報は常に危険にさらされていると言っても過言ではありません。このような危険と戦い、ネットワークやシステムを守るのが、セキュリティエンジニアの仕事です。近年では、悪意を持った攻撃の手段やそこで用いられる技術に関しても日夜向上しており、それに対応するセキュリティエンジニアの社会的ニーズも日増しに高まってきています。企業の信頼や人々の情報という非常に大きく重いものを守らなければならないため、相当量の責任を問われる仕事ではありますが、同時にここでしか得られない大きなやりがいを感じることができるはずです。

どんな仕事?

セキュリティシステムを構築し、外部からの脅威を事前に食い止める

セキュリティエンジニアの仕事は、不正アクセスやコンピューターウイルス、サイバー攻撃など、多様化するネットワークの脅威を未然に防ぐためのシステムの構築や、万が一攻撃されてしまった際の迅速な対応・復旧を行うのが主たる目的となります。クライアントの状況に合わせてどのようなシステムを構築するのが良いかを考える論理的な思考力や、それを実際に実装させていく技術力・プログラミング力など、幅広い知識と技術が求められる仕事です。

  • POINT01

    企画・提案

    クライアントと直接コミュニケーションを取り、クライアントが抱える課題や要望を抽出。その上で、最適なセキュリティシステムの企画・提案を行います。またシステムの開発だけではなく、セキュリティ体制をより強化していくために行う従業員向けの講義の実施や資料作成を行うこともあります。

  • POINT02

    設計・実装

    企画・提案した企画書を元に、クライアントの要望を満たすシステムを組み上げます。セキュリティ面で穴がないことはもちろんですが、実際に実装した際に正しく動作させる必要もあるため、その過程ではセキュリティに関する幅広い知識やプログラミングに関する確かな技術力を発揮することが求められるでしょう。

  • POINT03

    運用・保守

    セキュリティシステムを実装した後も、セキュリティエンジニアの仕事は続きます。多様化するサイバー攻撃の脅威からシステムを守るためには、継続的な調査とアップデートが必要不可欠。そのための運用・保守を行っていかなければなりません。加えて、万が一情報漏えいなどが行ってしまった際でも、その被害を最小限に留めるための対策や制限を設定しておくことも、セキュリティエンジニアの大切な仕事です。

どうすればなれる?

セキュリティエンジニアへの道のり

セキュリティエンジニアになるための必須の学歴や資格は特にありません。しかし、セキュリティに関する最新の知識や、システムやプログラミングに関する高い技術、またサイバー攻撃に対する豊富な知見が求められる仕事ですので、IT系・情報系の専門学校や大学で学んでおくことで、就職を有利に働かせることができるでしょう。その後は企業の情報システム部やセキュリティ関係の部署で実戦経験を積むことで、より上位の役職にステップアップすることが可能になります。企業が扱う情報の価値はどんどん高まっており、その一方で脅威となるものの数も増えてきている現状ですから、セキュリティエンジニアに対する市場価値は今後もさらに高まっていくと考えられています。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    情報収集力

    多様化するサイバー攻撃に対し、どのような手法があるのか、またそれらをいかにして防いでいくのか、常に最新の情報を収集しながら、考えられる危険に事前に対処していかなければなりません。そのため、高い情報収集力と、それを継続して行える継続力も必要になってきます。

  • POINT02

    コミュニケーション能力

    セキュリティシステムの構築の際は、クライアントと直接コミュニケーションを取り、現状の把握や今後の対策について考えていかなければなりません。そのため、相手の要望や課題をしっかりと汲み取る能力に加えて、こちらの意図や考えを余さず伝えていける、高いコミュニケーション能力が必要とされます。

  • POINT03

    発想力

    既存の情報や技術に頼るだけでなく、時には柔軟な発想で脅威と向き合っていかなければならないことも少なくありません。知識や技術を豊富に蓄えつつ、それをどのようにセキュリティ対策に活かしていくかを考える発想力も、セキュリティエンジニアに求められる資質と言えるでしょう。

必要な資格・試験情報

セキュリティエンジニアになるための必須資格はありません。ただし、直接クライアントとコミュニケーション能力を取る機会も少なくないため、情報セキュリティスペシャリスト情報処理安全確保支援士技術者などの資格を持っておけば、相手からの信用を獲得しやすく、将来的な転職によるキャリアアップの際にも有利に働かせることができます。そして何よりも、多様化するサイバー攻撃に対し、常に最新の技術や知識で対策が講じられるように、常に学び、技術を磨き続ける姿勢が大切です。

セキュリティエンジニアを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram