仕事図鑑

ゲーム アニメ・CG・イラスト

コミックイラストレーター

言葉からキャラクターを創り出す

キャラクターデザイン体験開催中

コミックイラストやキャラクターデザインに興味のある方へおすすめ!コミックイラストレーターの仕事や業界の話を聞いてみよう!

コミックイラストレーターとは

ライトノベルやゲームのキャラクターをイラスト化

コミックイラストレーターとは漫画的な表現を用いるイラストレーターのことで、ライトノベルの表紙や挿絵、ソーシャルゲームのイラスト作成を中心に活躍する近年人気の職業です。ライトノベルは表紙のイラストで販売部数が大きく左右されるほどで、コミックイラストレーターのイラスト力は重要なカギを握ります。小説のキャラクターをイメージしイラスト化することで、読み手の想像力や物語への愛着を掻き立てます。ライトノベルのジャンルやストーリー、キャラクター性によってイラストのタッチを変える必要があるため、アナログにもデジタルにも対応することで仕事の幅が広がります。

どんな仕事?

言葉からキャラクターをイメージして描き出す

コミックイラストレーターは自分自身でオリジナルのキャラクターを生み出すというよりも、作家やプランナーによって言葉で考えられたキャラクターをイラストにするケースが多いです。言葉からキャラクターの性格や価値観をイメージして、作品の世界観にふさわしい人物を描き出していきます。基本的には、漫画のようにコマ割りでイラストを描くのではなく、1枚のイラストに仕上げることになります。そのため、1枚の絵でキャラクターの性格や状況を表現し、見る者の想像力を刺激する表現力が必要になります。では、コミックイラストレーターはどのような場所で活躍できるのでしょうか。

  • POINT01

    ライトノベルの表紙や挿絵

    コミックイラストレーターの需要が最も高いジャンルが、ライトノベルの表紙や挿絵です。ライトノベルはイラストの良し悪しで売上が大きく左右されるとも言われているため、トレンドのイラストタッチを習得したり、作品に合わせて描き分けたりすることが求められます。

  • POINT02

    挿絵

    雑誌やパンフレットなどの挿絵にもニーズがあります。しっかり読み込まなければ理解できない文章も、イラストがあれば瞬時に概要を理解することができるようになります。また、イラストがあると目を引くので、記事を読んでもらいやすくもなります。本文の内容に適したイラストや、本文を分かりやすく解説するイラストなどを作成します。

  • POINT03

    カードゲーム・ソーシャルゲーム

    カードゲームやソーシャルゲームに用いられるイラストを担います。限られたサイズの中で、人々の興味や好奇心をそそるキャラクターを描き上げていきます。日々新しい作品がリリースされているソーシャルゲームは、かわいいキャラクターやかっこいいキャラクターの存在で人気が左右されると言っても過言ではありません。

  • POINT04

    広告・ポスター

    近年はマンガタッチの広告やポスター、チラシなどのニーズが高まっています。PRする商品のイメージに合わせてイラストを制作するだけでなく、広告的な配置やレイアウトのセンスも求められます。

  • POINT05

    グッズなど

    おもちゃやグッズ、メディアで使用されるイラストなど、コミックイラストレーターの活躍の場は広がっています。商品やメディアによってマッチするイラストのテイストが異なるため、様々なイラストを描き分ける表現力を鍛えましょう。

どうすればなれる?

コミックイラストレーターへの道のり

コミックイラストレーターは絵のプロフェッショナルなので、高いデッサン力が求められます。また、近年はアナログで描くイラストよりも、IllustratorやPhotoshopなどを駆使して描くデジタルイラストの需要が高まっているので、これらのツールを使いこなすスキルが必要になります。そのため、デザイン系の専門学校や美術系の大学でデザインやデッサンの基礎を身につけ、ツールの使い方を習得することをおすすめします。学生時代に作成したイラストはポートフォリオとしてまとめ、デザイン会社やゲーム制作会社、出版社などに就職し、コミックイラストレーターとしてのキャリアを歩み始めます。経験を積んだり、SNSなどイラストを発信したりすることで、自身のファンを獲得すればフリーランスのイラストレーターとして活躍することも夢ではありません。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    デッサン力

    様々なポーズの人物や武器、衣装、アイテムなど、幅広いものを高いデッサン力で描くスキルが求められます。

  • POINT02

    発想力

    コミックイラストレーターは言葉からキャラクターのイメージを作り上げるケースが多いため、柔軟な発想力が必要になります。また、クライアントのリクエストに応じて幅広いタッチを使い分ける柔軟性も求められます。

  • POINT03

    オリジナリティ

    コミックイラストレーターとして活躍するためには、人々の印象に残るイラストを描く必要があります。自分ならではの作風を確立すれば、ファンを獲得することができることでしょう。

  • POINT04

    体力

    納期内にコツコツと複数のイラストを作り上げていくコミックイラストレーターは、体力が必要です。また、作業に集中して一定のクオリティ以上の作品を作るための忍耐力も求められます。

必要な資格・試験情報

コミックイラストレーターになるために必須の資格はありませんが、「Illustrator®クリエイター能力認定試験」や「Photoshop®クリエイター能力試験」、「CGクリエイター検定」などの資格はスキルの証明に役立ちます。場合によってはアナログのイラスト作成の依頼を受けることもあるので、絵の具やコピックなどで色付けするスキルも習得しておくとよいでしょう。そして、日々デッサン力を高めたり、トレンドのイラストタッチを学んだりする継続力が重要になります。

イラスト業界就職なら

コミックイラストレーターに興味のある方へおすすめ!イラストレーターの仕事内容など業界の気になることをオンラインで相談してみよう!

コミックイラストレーターを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram