仕事図鑑

ゲーム アニメ・CG・イラスト

映像クリエイター

映像によって情報を伝え感動を与える

映像クリエイターとは

人の心を動かす映像コンテンツのプロフェッショナル

映像クリエイターとは、映像技術やCG技術を駆使して人々の心に訴えかける映像を作り出す仕事です。テレビ番組やCM、映画、Webコンテンツ、プロモーションビデオをはじめ様々なジャンルの映像コンテンツが展開されており、それぞれの目的に応じて最適な映像を生み出します。基本的にはクライアントと打ち合わせを行い、その目的を達成する絵コンテやシナリオを制作し、撮影や編集、加工を加えて映像を作ります。映像コンテンツは人々に驚きや感動を与えるもので、映像クリエイターは人の心を動かす仕事だと言えます。YouTubeなどインターネット上でも映像コンテンツの重要性が増す中、映像クリエイターの需要はますます伸びています。

どんな仕事?

チームで作業を分担し現実感のあるCGを制作

映像コンテンツを作成する際は、予算やスケジュールに応じて構成を検討するディレクター、シナリオを制作するシナリオライター、映像の撮影を担当するカメラマン、照明を担当するライトマン、撮影した映像を編集して動画に仕上げる編集担当など、様々なクリエイターが関わります。映像クリエイターはこれらの人々に指示を与え、具体的な映像コンテンツを仕上げていきます。映像コンテンツには幅広いジャンルがあり、ターゲットとなる層や届けたいメッセージも様々です。そのため、映像コンテンツを制作する目的に応じて作業の進め方や演出を変えていく必要があります。見る人に感動や影響を与え、多くのことを伝えることができる映像の仕事はハードな分、やりがいも大きい仕事です。ここからは、映像クリエイターが手がける代表的な映像コンテンツのジャンルをご紹介します。

  • POINT01

    CM・PR

    テレビCMやWebプロモーション動画、採用コンテンツ用の動画など、企業の広報活動を支援するために制作する映像コンテンツです。クライアントの思いや目的を映像という形にするために、徹底的なヒアリングと映像のプロとしての提案を行います。映像コンテンツを通して、売上向上や認知度向上、採用人数達成など企業の目標に貢献できるため、やりがいと責任の大きい仕事です。

  • POINT02

    展示用映像

    博物館や美術館、テーマパーク、イベント施設などで上映される映像コンテンツも手がけます。展示内容を紹介する映像であったり、プロジェクションマッピングを駆使した華やかな映像であったりと、表現方法も多岐に渡ります。人々を感動させることで、心に残る体験を提供します。

  • POINT03

    プロモーションビデオ

    ミュージックプロモーションビデオは、曲やアーティストのイメージに合わせて印象的な映像を作り上げることが求められます。定点カメラで人の動きを捉えたものからCG技術 を駆使したものまで様々な表現方法があり、アーティストを活かしたクリエイティブな映像表現を考える必要があります。

  • POINT04

    ドキュメント映像

    テレビなどで放映されるドキュメント映像は、取材活動をメインに行うことで制作していきます。社会問題や環境問題などを扱い、人々に強く訴えかける作品を通して世の中の意識を変えていく、社会貢献性の高い仕事です。

  • POINT05

    Web配信コンテンツ

    YouTubeやTwitterなどで配信される映像コンテンツは、現在需要が非常に高まっています。企業のプロモーションを目的にした短編ドラマやWeb版のCMなど、ターゲットを明確にした上で制作を進めます。

どうすればなれる?

映像クリエイターへの道のり

映像クリエイターは映像に関するプロフェッショナルです。そのため、撮影技術や映像編集、CG技術に関する高いレベルの知識が求められます。最新機材を駆使する必要があるため、専門学校や美術系の大学で映像に関する知識や技術を身につけて、映像制作会社やテレビ局などに就職します。映像コンテストを受賞したことから著名な映像クリエイターになった人も多く、このようなコンテストに積極的にチャレンジする姿勢も求められます。就職後はADなどの経験を積んで修行することが一般的です。実力が認められれば映像ディレクターにキャリアアップしたり、フリーランスの映像クリエイターとして独立したりすることも夢ではありません。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    精神力

    映像コンテンツを制作する際は、厳密な納期に合わせて膨大な作業をこなさなければなりません。集中して作業に取り組み、クオリティの高い作品を生み出すための精神力や体力は必要不可欠です。

  • POINT02

    コミュニケーション能力

    映像コンテンツは一人で作り上げられるものではありません。カメラマンやディレクターなどと意思疎通を図るだけでなく、クライアントの要望に適切にこたえるためのコミュニケーション能力が求められます。

  • POINT03

    発想力

    人々を感動させる映像は豊かなアイディアによって生み出されます。トレンドの映像技法やCG技術、音楽などを積極的に取り入れて、アイディアや発想力を磨き上げる必要があります。

必要な資格・試験情報

映像クリエイターになるために必ず取得しなければならない資格はありません。しかし、画像処理検定CGクリエイター検定色彩検定といった資格は、映像クリエイターに求められるスキルを客観的に証明できるものなので、積極的に取得を目指すとよいでしょう。映像コンテンツの制作では、知識はもちろんのこと実践的なスキルが重要になります。そのため、専門学校などで実際に映像撮影機器や編集機材に触れて、現場力を高めることをおすすめします。そして、人々の心を動かす映像作品を作り上げるために、日頃から映画や音楽といった芸術作品を観賞し、センスと感度を高めていくとよいでしょう。またアイデアをカタチにできるノウハウも身につけておく必要があります。

映像クリエイターを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram