仕事図鑑

ゲーム アニメ・CG・イラスト

イラストレーター

イラストで商品の魅力を伝える

イラストレーターとは

イラストで商品やコンテンツの魅力を引き上げる

雑誌やWebコンテンツ、書籍、ポスター、広告、ソーシャルゲームなどのイラストを描くのがイラストレーターです。クライアントの要望に応じてイメージにぴったりなイラストを仕上げ、商品をより魅力的に表現したり、コンテンツ内容をより分かりやすく表現したりします。シンプルなイラストやかわいらしいイラストなど求められるタッチは様々で、それぞれのイラストレーターが個性を発揮して活躍しています。ビジュアルのプロフェッショナルとして仕上げた作品がクライアントの心を掴み、高く評価されることで達成感を感じられ、また手掛けたイラストが世に出て、多くの人の目に触れることで大きなやりがいを得られる仕事といえます。

どんな仕事?

ポスターから医学書の図解まで幅広くイラストで表現

イラストレーターが手がけるイラストの対象は様々です。広告ポスターやゲームのキャラクター、本のカバー、雑誌やWebコンテンツの挿絵、商品のパッケージなど、幅広い分野でイラストは活用されています。また、医学や建築などを分かりやすく解説するための図解や、情報誌に使われるイラストマップなど、様々な業界でニーズがあります。クライアントの要望に沿ったイメージのイラストを描き上げたり、複雑な内容の解説文を分かりやすくかみ砕いたイラストにしたりと、イラストレーターは相手の意図や目的をくみ取る力が求められます。

  • POINT01

    オリエンテーション

    クライアントや編集者と打ち合わせて、イラストの目的やイメージ、想定ターゲット、納期などを話し合い確定します。相手の要望を理解し、必要に応じて最適なイラストを提案するコミュニケーション能力が必要です。

  • POINT02

    ラフ作成

    いきなり完成品を仕上げるのではなく、まずはラフを制作してイメージに認識の違いがないかをすり合わせます。イメージ通りであればそのまま清書に進み、修正点があればクライアントからのフィードバックを反映して修正版を仕上げます。場合によっては、修正が複数回にわたるケースもあります。

  • POINT03

    清書・彩色

    ラフのイラストを元に、清書していきます。彩色が必要な場合は、イメージに合わせて色を入れていきます。このバランスによって仕上がりの印象が変わるため、彩色はイラストレーターの腕の見せ所でもあります。

  • POINT04

    納品

    完成したイラストを納品します。指定されたデータ形式で保存し、メールで送信するケースが大半です。しかし、イラストの枚数が多い場合や、データ容量が膨大になった場合は、CD-ROMなどにデータを保存して郵送することがあります。

どうすればなれる?

イラストレーターへの道のり

イラストレーターになるために必要な資格はありませんが、イラストのプロフェッショナルとしての表現力やデッサン力が求められます。また、近年はパソコンのイラストツールを使って絵を描くことが多いため、液晶タブレットやIllustrator、Photoshopといった専門ツールを使いこなすスキルが必要です。イラストやデッサンの技術を磨き、専門ツールの使い方を学ぶためにも、美術系大学や専門学校などで学ぶことが、イラストレーターになるための近道となります。そして、在学中にできるだけ多くの作品をポートフォリオとして作成し、デザイン会社やイラスト制作会社への就職を目指します。プロのイラストレーターとしての実績を積み、作品を高く評価されるようになれば、フリーランスのイラストレーターとしてキャリアアップすることも可能です。

求められる知識・資質を磨く

  • POINT01

    デッサン力

    クライアントの要望や商品の特性に応じたデザインを制作するため、柔軟なアイディアが求められます。また、様々なデザインテイストを使い分けることでデザインと仕事の幅が広がります。

  • POINT02

    発想力

    クライアントのニーズやリクエストに的確に答えられるイラストの発想力が求められます。また、案件や流行に応じてイラストのタッチを変えられる柔軟性があると強みになります。

  • POINT03

    独創性

    イラストレーターとして活躍するためには、オリジナリティのある作風が必要不可欠です。ただ上手にイラストを描けるだけでなく、見た者の印象に残る作風にすることで、イラストレーターとしての需要が高まるはずです。優しいタッチや癖のあるタッチなど、自分らしい表現方法を身につけましょう。

  • POINT04

    コミュニケーション力

    基本的には一人で黙々とイラストを描き上げる仕事ですが、クライアントのニーズに沿った作品を仕上げるためにも、コミュニケーション能力が求められます。相手の要望や想いをくみ取るためのヒアリング能力を鍛えましょう。

  • POINT05

    精神力

    イラストは正解のないものなので、自信作であっても場合によっては修正しなければならないことがあります。その修正が複数回に及ぶことも多く、納期内に仕上げるプレッシャーの中で最高の作品を仕上げる精神力が必要です。

必要な資格・試験情報

イラストレーターになるための必須資格はありませんが、スキルを客観的に証明して就職や転職で役に立つ資格は存在します。例えば「Illustrator®クリエイター能力認定試験」や「Photoshop®クリエイター能力試験」は、イラストレーターにとって欠かせないツールのIllustratorやPhotoshopを使いこなすスキルを証明できます。また、「CGクリエイター検定」や「色彩検定」の取得を目指すのも、スキルを磨くために役に立つでしょう。資格だけでなく、イラストレーターのコンテストに応募するのもおすすめです。雑誌や出版社が主催するコンテストや自治体のイメージキャラクター募集など、イラストが公募されるシーンは色々とありますので、積極的にチャレンジして多くの人に作品を見てもらうチャンスをつかみましょう。

イラストレーターを目指せる専攻

エントリー受付中!
AOエントリー
エントリー期間
2022/6/1 ~ 9/30
AO入試の特徴
  1. 早期に進路を決定することができる
  2. 計画的に学費の納入を考えることができる
  3. 同じ夢を持った友達を多く作ることができる
  4. 就職へ向けて誰よりも早くスタートを切ることができる
エントリー資格
  1. 将来の夢や目標を持ってる人
  2. 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人
  3. 「好きなことを仕事にしたい」という熱意を持っている人
TECH.C. GUIDE

資料請求はこちら

TECH.C.をもっと知りたい方へ
無料でプレゼント!

twitter
facebook
line
youtube
instagram